Article

記事


2018.10.25
硬式野球

[硬式野球]中川、梅津、甲斐野、上茶谷 4人そろって幼き頃からの夢かなえ、プロの世界へ

次は敵として戦う4選手


   この日、プロ野球志望届を提出した中川(法4=PL学園)・梅津(営4=仙台育英)・甲斐野(営4=東洋大姫路)上茶谷(法4=京都学園)がプロ野球の世界へ第一歩を踏み出した。



横浜DeNAベイスターズ1位上茶谷大河

上茶谷は憧れていた横浜DeNAベイスターズへ


   横浜DeNAベイスターズから1位指名を受け、憧れていたチームへの入団が決まった。会見は緊張の表情で行ったが、フォトセッションで同じく1位指名の甲斐野と並ぶとその表情は少し緩んだ。「これがゴールではなくて、やっとスタートラインに立てたという思いです」と語った上茶谷。今後については緊張というよりも楽しみという気持ちの方が強いと言い、新しい環境への期待を膨らませる。

   以前から「かっこいい」と語っていた横浜DeNAベイスターズのユニフォーム。大好きな青色のユニフォームには「早く着てみたい」と顔をほころばせる。

    最初にプロ入りを伝えたいのは「両親です」と即答。辛いとき、いつも支えてくれたご両親には「ありがとな」と電話で感謝を伝えた。

   今後の目標をたずねると、「新人王をとります」と一言。東洋大を引っ張り続けた右腕は、夢の舞台、プロの世界での活躍を誓った。


福岡ソフトバンクホークス1位甲斐野央

最後には柔らかい笑顔が見えた甲斐野


   福岡ソフトバンクホークスからドラフト1位指名を受けた甲斐野。まだ実感がわかないような表情で会見場に現れた。はじめに「1位で指名していただいたのはありがたいこと」と一言。しかし、浮かれるわけではなく「良い順位だからと言って活躍が保証される世界ではない」と気を引き締めた。取材を終えると隣にいた増子部長から「緊張してた?」と聞かれ、少し無言に。リーグ戦が終わってから間を置かずのドラフト会議だっただけに気持ちが整理できていないようだった。「食欲は?」と聞かれると一緒にいた上茶谷と共に「めっちゃありましたよ。チャーハンおかわりするくらい」とにんまり。投手3羽烏トップの胃袋は健在だった。取材終了間際には「福岡に行くのが初めて。そういうところに飛び込むのは怖いけど、楽しみでもある」と甲斐野らしさが見受けられた。次なるチームでの活躍の舞台は中継ぎか抑えか、はたまた憧れを抱いていた先発か。甲斐野の躍進が今から待ち遠しい。


中日ドラゴンズ2位梅津晃大

  中日ドラゴンズのユニホームを着て記念撮影に臨んだ梅津

 中日ドラゴンズから2位で指名された 梅津。「指名していただいてすごくうれしい。ホッとした気持ちと、同級生たちが喜んでくれたのでプロ野球選手になったんだなという実感がわいた」と落ち着いた表情で思いを述べた。
 「 (上茶谷、甲斐野については)一緒に野球をやってきた2人なので、うれしかった。負けないように頑張りたい」と4年間切磋琢磨してきた2人について語った。
「まだスタートライン。大学で1勝しかできなかったが、プロになったら誰よりも勝てる投手になりたい」と今後の意気込みも述べた。
 中日ドラゴンズの印象については「大学の先輩の大野奨(2009年卒)さんがいるので、投球術とかを教えてもらいたい。小さいときから松坂投手が好きで、あこがれていた」と話した梅津。
 さらに、対戦したい打者を聞かれると、高校の先輩のソフトバンク上林を挙げた。「1つ上ですが高校の時から雲の上の存在であまり話したことはなかった。プロという同じ舞台に立つので対戦してみたい。高校は対戦といっても打撃投手として投げたぐらいなので。対戦した時には三振を取りたい」と憧れの先輩との目標に掲げた。
 「大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)選手が目標。高身長を生かしてスケールの大きい選手になりたい」。187㌢の長身から投げ込む直球を武器に新たなステージでの挑戦が始まる。


オリックスバファローズ7位中川圭太

中川は涙ぐみながら会見に応じた


   オリックスバファローズから7位で指名された 中川。控え室では中継モニターを真剣な眼差しで見つめていた。選択指名を終了する球団も増え、4年前と同じ指名漏れも頭によぎり始める。緊張は増すばかり、顔も少しずつ強張っていった。だが、指名された瞬間、張り詰めていた顔が一瞬にしてほころんだ。同期からは「本当によかった」「おめでとう」いう声があふれる中、「お前やっとかよ~」といじる声も。仲間からの大歓声、これは何よりもチームから中川が愛されていた証拠だ。

   「プロで野球をすることが目標ではない」。これは中川が常に言い続けてきた言葉である。「プロで絶対活躍するという夢があるので、1日1日を大切に過ごして、一つでも二つでもレベルアップしていきたい」。やっと夢を叶えるスタートラインに立てた。あとはプロの世界を全力で走り続けよう。


 上茶谷の重複指名から中川の指名まで1人1人がこれまでの想いを胸に挑んだドラフト会議。「活躍したい」と口をそろえた4選手がプロ野球選手として名を馳せるのはいつか。今からそのカウントダウンは始まっている。


■コメント

・杉本監督

今回のドラフト会議でこういう形になるのはある程度予想していた。結果としては1位で甲斐野と上茶谷の2人が行ったけれど、梅津もあるんじゃないかなと思いながら迎えた会議だったので。全体的にどこの球団さんも野手をという指名に見えたので、そういう兼ね合いとかもありますね。今まで9人くらいプロに送り出してきたが、いつも頑張れという気持ち。(4人を見ていて)今までプロに送り込んだ選手と比較しても引けを取らない。大成するだけのポテンシャルはある選手たちです。今日も朝からみんなで練習をしていた。今年からは上の世界でやる選手は全員してるんです。いつも通り過ごしてここに来て、緊張とかはそんなになかったんじゃないですかね。プロ野球の世界は入るためにあるんじゃなくて活躍するためにある場所。これからは個人事業主になるわけです。そういう中で堕落した生活をしていてはいけない。自らに時間もお金も投資した分、自分の身体に返ってくる。これからは自覚を持ってしっかりやってもらって、1日1年でも長くプレーして欲しいですね。おめでとう。


・甲斐野(営4=東洋大姫路)

率直にうれしい。別室でモニター見てて呼ばれるかなどうかなという感じだったんだけど、上茶谷も俺も頭文字「か」やから一瞬反応した(笑)今日の朝、4人で「緊張してるな」と確認してた。ハズレのハズレ1位でも今年の新人選手の中で1番にとってもらったことは光栄だしありがたいです。でも、1位で入ったからといって活躍できるとは限らない世界だと思う。なので、まずはチームの輪に入り込むところからだけどしっかりと活躍して結果を出したい。(起用法については)抑えか中継ぎで使ってもらう形になるんちゃうかな。でも、先発やってって言われたらもちろん頑張る。今年の春に言ったのと同じ。与えられた役割で全力を尽くしていきたい。(福岡という土地は)初めて行く。土地柄もチームも初めてなことしかないから不安がないと言えば嘘になる。でも、そういう中でやるのは楽しみでもある。(対戦したい新人選手は)誰やろうな。まだ皆んなを把握してないんやけど(松本)航(日体大)かな。リーグ同じになったし、比較というか自然と意識はすると思う。まぁ、東洋からだと(中川)圭太もパ・リーグ。あいつとは相性あんま良くないんだよね。つい最近もホームラン打たれて(笑)プロに行って対戦することがあれば抑えたい。


・上茶谷(法4=京都学園)

ホッとしています。うれしい。でもこれがゴールではなくて、やっとスタートラインに立てたという思いです。(プロ入りをご両親に最初に伝えたいと言っていましたが)さっき電話しました。最初つながらなくて(笑)高校の監督に電話してつながらなくて高校の部長にも電話して。家につながった時にちょうど高校のチームメイトが家に来てたみたいで盛り上がっていました。両親にはありがとうなーと言いました。両親からはこれからが勝負。これから頑張ってということを言ってもらった。(以前から気になっていると言っていたベイスターズへの入団が決まって)うれしいです。きた!と思いました。本当に呼ばれたときうれしかったですね。(好きと言っていた青いユニフォームは)ユニフォームは早くきてみたいです。わくわくしています。(プロ入りが決まり、チームメイトからは)行きたいところに行けてよかったなと言われました。発表されたときもみんな後ろで喜んでくれててうれしかったです。(甲斐野選手、梅津選手、中川選手もプロ入りを果たしましたが)4人で絶対プロ行こうと言う話をしてきたのでみんなでプロになれてうれしい。全員で活躍して、全員でジャパンになってまた一緒に野球したいです。(今後の目標としては)新人王をとります。

・梅津(営4=仙台育英)
指名していただいてすごくうれしいです。ホッとしました。同級生たちが喜んでくれたのでプロ野球選手になったんだなという実感がわきました。まずは両親にこのことを報告したい。先日母が倒れて今日は病院から見てくれていると思う。指名されていい報告ができるのでよかったです。(上茶谷、甲斐野については)一緒に野球をやってきた2人なので、うれしかったです。負けないように頑張りたいです。まだスタートライン。大学で1勝しかできなかったが、プロになったら誰よりも勝てる投手になりたいと思っています。 (中日ドラゴンズの印象は)大学の先輩の大野奨さんがいるので、投球術とかを教えてもらいたい。小さいときから松坂投手が好きで、あこがれていました。 対戦してみたい選手は上林選手です。1つ上ですが高校の時から雲の上の存在であまり話したことはなかった。プロという同じ舞台に立つので対戦してみたいです。高校は対戦といっても打撃投手として投げたぐらいなので。対戦した時には三振を取りたいです。大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)選手が目標。高身長を生かしてスケールの大きい選手になりたいと思っています。(プロの世界は)決して華やかな舞台だけではないと思うので、支えてくれている人を思い出して、恩返しが出来るようなプロ野球生活にしていきたい。

・中川(法4=PL学園)

本当に今はホッとした気持ちですし、両親、応援してくださっている方々、熱心に指導をしてくださった方々に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。(指名を受けた瞬間は)4年前指名していただけなかったということで、4年前は実力不足だなとと思っていたんですけど、今回も最後まで呼ばれなくて、4年前のことが思い浮かんだというか、「お願いします」という気持ちだけで。指名していただいた時は本当に嬉しく思いました。(同期からの歓声について)自分がここまで来れたのも仲間と切磋琢磨しあって4年間を過ごしてきたので、そういうチームメイトからの喜びっていうのは、とても胸に響きました。(同期4人でプロに進むことについて)ここからが勝負だと思ってますし、東洋大学の看板を背負ってお互い切磋琢磨しあってこれからやっていきたい。(どんな選手になりたいか)自分は打率、打点にこだわって、プロでも勝負強いバッティングを見せれたらいいと思う。(対戦したいピッチャーは)やっぱり、上茶谷、甲斐野、梅津とは一番対戦したい。(オリックスの印象は)昔見に行った時の打線が強力だなという印象は今でも残っています。(地元の球団へ入団)すごく身近に感じるし、指名していただいて本当に感謝しています。(どんな思いでプロに入っていきたいか)プロでやることだけが目標ではなくて、プロで絶対活躍するという夢があるので、1日1日を大切に過ごして、一つでも二つでもレベルアップしていきたいと思います。


■支え合ってきた同期から祝福コメント

・中井主務(営4=東洋大姫路)

やりがいのあるマネージャー業をさせてもらった1年だった。今日は朝起きたくらいから心配というか、こっちが緊張していて。4人揃ってプロに行けて、本当にいい形で終われたと思う。4人を送り出すことができてよかった。(甲斐野選手とは高校からの付き合いだが)高校の時に比べたら本当にしっかりした性格になったというか。今も全然アホっちゃアホだけど、取材対応もできるようになったし、喋ることも成長したし。実際、高校を卒業した時はドラ1で選ばれる選手になるとは思ってなかったし、全然練習もしないやつだったから、昔はね(笑)。そんな甲斐野がドラ1でプロ行ってってなったので、ほんとに嬉しいですね。ピッチャー3人は日本の球界を代表する投手として3人で競い合ってほしい。圭太は3人に負けないよう活躍をしてほしい。

・川口学生コーチ(営4=日本文理)

4年やってきた仲間なので、素直にうれしい。(中川さんが指名を待つ間は)必ず指名されると信じていた。中川とは野球のことについてバッティングフォームとかチームのことを話していて絶対優勝するぞとかって話していた。(今年の東洋大はどんなチーム)ピッチャーがすごくておんぶに抱っこだったところもあったが、野手も投手陣を助けようと必死に戦って、それを見てピッチャーもまた頑張ろうってお互いに刺激しあってという感じでいいチームだった。(期待している選手)主力で出ていたやつももちろんだが、メンバー外にもいい選手がいっぱいいるので、腐らずに頑張ってほしい。(4選手に一言)また寮に帰れば、この会見場とは違ってホッとした感じになると思うので、おめでとうと言いたい。一軍で活躍する姿を期待しています。

・大野マネージャー(済4=麗澤)

待っている間はご飯食べれませんでした。いつも笑顔のあの4人があまり笑ってなくて。緊張したけど、みんなも緊張してて。いいチームだなと思いました。(この代のチームは)本当に明るくて、私はこの代のマネージャーだから続けられたし、もう一回野球部のマネージャーやるってなったらこの代がいい。この代で、下があの子たちで上があの先輩っていう、私はこの代だからこそできたと思うし、みんなにたくさん助けられました。本当に感謝です。優しい代でした。(4選手が選ばれて)プロ野球選手って小さいときから叶えたいことだったと思うから叶えられてまずは本当におめでとうと言いたい。けがとか体に気をつけて無理なくやってほしい。やっぱりプロは厳しい世界だと思うし辛くなったりするときもあると思う。でも私ももちろんだし他の子たちも、どんなに3軍に落ちることとかがもしあったとしても絶対応援してると思うし、そのバックが強いというのを忘れずに頑張ってほしい。

・阿部博(営4=佐久長聖)

うれしいの一言。4年間ずっと一緒にやってきて、いろいろな苦労も成長も見てきた。そういう部分が結果として現れてよかった。もちろん4人に活躍してほしい気持ちはある。けれど、今はレベルが違う。今日の指名会見を見て、プロでやりたいという気持ちが湧いてきたので、自分も同じ舞台に立てるように頑張る。

・池田(営4=日本文理)

4人ともそろってプロにいけたのでとても良かった。(会見を見て)自分もこれから野球続けるのでこれからのいい刺激になった。(4人との思い出)野球もそうだが同じ寮でずっと一緒に住んでいたので日常生活も思い出深い。(4人にメッセージは)プロ野球って厳しいと思うけどあの4人なら絶対大丈夫だと思うので、ピッチャー3人もそうだし中川も頑張ってとエールを送りたい。

・石垣(営4=聖光学院)

ピッチャー3人はかかると思っていて、中川がかかったときは本当にうれしかった。ここからがスタートだと思うので、ここから頑張って一軍で活躍してほしい。

・浦岡(営4=東洋大姫路)

今まで甲斐野と7年間やってきて身近な人間がプロ野球選手になることは本当にうれしい。本当に人ごとじゃないというか、自分のことのように嬉しいです。今日の朝も普通に今まで通り練習をしてきて、4人とも緊張してたのかな?あまりそういう風には見えなかったし、お風呂で会った時とかも「緊張はそんなに」と。これからはみんなを応援する立場になりますけど、長くプレーしてほしい。本当におめでとう。

・末包(営4=高松商)

まずは、おめでとうと言いたい。彼らの4年間の成長を見てきたし、一緒に頑張ってきたから本当に嬉しい。4人とは兄弟みたいな関係だった。甲斐野は弟で他の3人は兄って感じですかね(笑)。身近で見ていたので彼らがどれだけすごいか知っている。自分も2年後には同じ舞台に立ちたい。4人の活躍は自分の野球人生に大きな影響を与えてくれると思う。

・竹原(法4=二松学舎大付)

素直にうれしい気持ちが一番。投手3人はもちろん、中川は高校以来のドラフトで待つ時間も長く、緊張したと思う。全員が選ばれて楽しい時間を過ごせた。(プロに行く4人へ)一線級で活躍してほしい。もしかしたら2年後自分が(プロに)いくかもしれないのでその時は対戦したい。

・館石(法4=成東)

甲斐野、梅津、上茶谷、中川、ドラフト指名おめでとう。(4人を見守っていて)4人は絶対指名されると信じていた。(4人とのエピソード)やっぱりピッチャー3人は仲良くて面白くて、中川とは結構2人で遊びに行ったりとか仲良くさせてもらったのでとってもうれしい。涙が出ました。

・藤井(法4=藤井市立)

あのピッチャー3人はまあそうだよなという感じはあった。中川が選ばれたときはここ最近で一番うれしかった。なかなか選ばれなくて不安だったが、選ばれて本当におめでとうという気持ち。(同じピッチャーとして見てきた3人は)うれしい気持ちは当たり前だが、2年後絶対自分も(プロに)いってやると思った。(寮に帰ってかけたい言葉は)さっきはおめでとうと言ったが、もう寮に帰ったら2年後待ってろよ、と言いたい。

・宮川(法4=開星)

4年間一緒に暮らして頑張っているところや苦しみを見てきたので、その努力が報われて自分のことのようにうれしい。(宮川選手自身は投手から野手に転向して)ランニングとかも一緒にやってきた同級生で、切磋琢磨してきた。追いついていこうと思っていたが、あいつらは本当にすごかった。中川とは今年1年間一緒の部屋で、バッティング一緒にやったり、私生活でも一緒にご飯行ったり、ずっと一緒にいて、頑張ってきたのを知っている。選択終了してくる中で、最後に指名されて、高校では漏れたけどこの大学4年間の努力が認められて本当に良かった。とりあえず4人のユニフォーム買って、本拠地どこでも行こうと思う。

・安本(法4=東海大高輪台)

自分もピッチャーなので、1年のときからあいつらがそれぞれ辛い時期を過ごしてきたのを知っているので、呼ばれて一番はほっとした。中川は2部生でずっとやっていて、なかなか呼ばれなかったが呼ばれると信じていたのでそんなに心配はしていなかった。4人とも大学で主力でやってきた人なので、プロの世界は厳しいと思うが、頑張ってテレビの前で活躍してくれると思う。自分は応援する立場だがこれからも暖かく見守っていきたいと思う。

TEXT=望月優希、須之内海、松本菜光花、永田育美   PHOTO=川口朋珠、松本菜光花、須之内海、望月優希