Article

記事


2018.12.05
相撲

[相撲]重松が準優勝!白石はベスト8と悔しい結果に

第67回全日本相撲選手権大会

12月2日(日)両国国技館


準優勝 重松


ベスト8 白石


準優勝の重松

健闘した白石

重松の来年の活躍に期待が掛かる


全日本相撲選手権大会は両国国技館で行われ、7名が決勝トーナメント進出。重松(3=金沢市工)が準優勝と大健闘、白石(法4=専大松戸)がベスト8となった。


東洋大からは、10名が出場。うち7名が決勝トーナメントに勝ち進み、白石と重松がベスト8以上に名を連ねた。白石は2勝1敗で予選を突破し、決勝トーナメントへ進んだ。トーナメントは2回戦、3回戦と社会人選手との対戦になった。3回戦では激しい張り合いとなり、相手に下半身を崩されながらも立ち直り、叩き込みで勝利を収めた。ベスト4をかけた一戦で今大会優勝の黒川(拓殖大職員)に終始圧倒され、ベスト8と悔しい結果となった。


一方、「自分の相撲を取ることができてよかった」と重松は予選全勝で圧巻の相撲を見せ、決勝トーナメント進出を決めた。ベスト4をかけた試合では相手に押されながらも、土俵際での突き落としで勝利。準決勝でも自分より体の大きい相手選手に負けず、またもや土俵際で粘り決勝進出。見守る仲間に小さくガッツポーズをみせた。「最後なので思い切ってやろうとした」と語り、途中の試合で鼻を負傷しながら社会人選手を相手とし、勇敢に挑むも寄り切りで勝負あり。惜しくも優勝には届かなかった。


この大会で今年の試合は終了となったが、来年に向けここからさらに成長していくことを期待したい。


■コメント

・重松(法3=金沢市工)

(今日の試合を振り返って)自分の相撲を取れてよかった。(今まで特に意識してきたこと)どんな相手でもとにかく引かないことを考えていた。決勝は緊張していなかった。最後まで残ったので思い切ってやろうと挑んだ。(今日の取組で印象に残っていること)全部力を出し切っていたのでよく覚えていない。(今後に向けて)まだ1年間学生生活が残っているのでしっかりと頑張っていきたい。


TEXT=齋藤胤人  PHOTO =水野桜、仲宗根優介

第67回東日本学生相撲新人選手権大会
第67回東日本学生相撲新人選手権大会
第67回東日本学生相撲新人選手権大会
第67回東日本学生相撲新人選手権大会