Article

記事


2016.12.19
陸上競技

[陸上競技]平国大記録会 渡邉堂々の1着フィニッシュ 4年生山口弘は自己新記録

第60回平成国際大学長距離競技会

12月18日(日) 鴻巣市立陸上競技場


男子3000m

2組

2着 増田 8'56"30

4着 長尾 8’58"34    

7着 松崎 9'14"90    


男子5000m

19組

1着 渡邉 14'16"56  

2着 山口弘 14'20"62    

4着 荒武 14'22"90  

5着 今西 14'23"52  

8着 高森 14'30"59    

10着 福井 14'31"92    

11着 土壁 14'32"19    

14着 定方 14'34"83    

15着 小柳 14"35'41  

18着 唐本 14'43"80    

22着 生井 14'55"38  

24着 田中 14'57"36    

26着 中畑 14'59"15  

27着 碓井 15'06"22    

28着 眞柄 15'13"61  

31着 香川 15'20"30

DNS 成瀬

DNS 牧浦

DNS 山本信

DNS 植田

DNS 菅原

DNS 中村拳

DNS 山口健

DNS 揚原

DNS 大西

DNS 小室

DNS 中尾

DNS 中野



ラストで完勝した渡邉

山口弘は今年最後のレースで自己ベストを更新した


 箱根エントリーメンバー以外の選手が5000mに出場。ラスト1000mでトップに立った渡邉(済1=吉原工)が1着を飾ると、4年生の山口弘(済4=長良)も自己ベストで続いた。

 

 レースが動いたのは3000m過ぎ。今西(済1=小林)が先頭集団から飛び出すと、山口弘、荒武(済3=小林)、渡邉らが後を追う。3600mには山口弘が先頭に立つも、4000mを過ぎると今度は渡邉がペースアップ。ラスト1周でさらに切り替えると、堂々の1着でフィニッシュした。1年生ながら出雲、全日本駅伝を経験した貫禄を見せつけた。それに続くように2着に入ったのは4年生の山口弘。今季は1万メートルでも自身初の29分台をマークしているが、この日も見事自己ベストを更新してみせた。

 

 男子長距離部門にとってはこれが今年最後のレース。今回出場した選手たちは、箱根駅伝メンバーのサポートをしながらも、来シーズンに向けての準備を進める。

 

■コメント

・酒井監督

箱根メンバー以外の練習の一環として出場させた。142040秒くらいの各々のレベルでいってくれればいいと思っていた。後半はできれば上げていこうと話していた。今年はこれが最後。渡邉や今西は力があるのでしっかり走れている。荒武や山口弘も良かった。1年生はここにきてだいぶ走れている。あの子たちがこの後、箱根駅伝のサポートともに、自分たちのシーズンに向けてつなげていきたい。


TEXT/PHOTO=伊藤空夢

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝