Article

記事


2017.09.24
陸上競技

[陸上競技]“44秒台”へ向け ウォルシュ100、200m挑戦で状態を確認

平成29年度第4回日本大学競技会

9月24日(日) 日本大学陸上競技場


男子100m

4組(風:-0.6)

5着 与那原 12"77

5組(風:+0.3)

1着 ウォルシュ 10"61

DNS 大野

14組(風:+0.5)

1着 鏑木 11"16

5着 笠原 11"74

19組(風:+1.5)

2着 四家 11"34

5着 越栄 11"84


男子100m2次レース

1組(風:+2.5)

2着 大橋 10"83

8組(風:+0.3)

1着 鏑木 11"19

5着 笠原 11"70

6着 越栄 12"05

12組(風:+1.3)

5着 四家 11"41


男子200m

2組(風:+1.0)

1着 ウォルシュ 20"93

3組

DNS 与那原


男子400m

3組

2着 金田 50"49


男子400m障害

1組

1着 杉山 52"70

2組

DNS 佐藤慧


100m、200mでも安定した実力を残すウォルシュ


 日本大学競技会に短距離部門から9名が出場。中でもウォルシュ(ラ3=東野)が調整の一環として100m、200mのレースに挑み、本職の400mに向け状態を確認する場となった。

 

 「国体(国民体育大会)に向けての1週1週の刺激として出場した」とウォルシュ。目前に迫る大会に向け、専門の400mではなく100m、200mのレースで状態の調整を図る。100mでは序盤こそ出遅れるものの、400m同様に中盤からの加速を見せ1着でゴール。他を寄せ付けない走りを見せつけた。圧巻のレースは200mでも展開される。コーナを曲がり切ったところですでに大きな差をつけ、そのまま余裕を持ってフィニッシュ。「あまりいいタイムじゃなかった」と振り返るが、専門外の種目でも遺憾なく実力を発揮した。

 けがに苦しんだシーズン前半、しかし全日本インカレ400mで優勝するなど復調の兆しを見せつつある。ウォルシュにとってあまり出場する機会がない100m、200mのレースになったが「今回のレースを生かして400mで44秒台を狙っていきたい」と自身の成長にどん欲な姿勢を見せた。次回は住友電工杯で300mへの挑戦。今回の調整がメインのレースとは違い「300mは日本記録を目指していたい」と気合いは十分だ。今回、そして次回のレースは400mへのレベルアップのため。貴重な経験を糧に、絶対的エースはさらなる成長を遂げる。


▪コメント

ウォルシュ(ラ3=東野)

国体に向けての1週1週の刺激として出場した。今回はあまりいいタイムじゃなかったのでこれから1週間練習して、次の住友電工杯でいいタイムを出したい。(300mの出場になるが)300mは日本記録を目指していきたい。200mがもう少し中盤が上がると思うのでそうすればバックストレートで力を使わずにいけると思う。今回のレースを生かして400mで44秒台を狙っていきたい。


TEXT/PHOTO=大谷達也

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝