Article

記事


2017.10.19
コラム

第578回 わたしの地元 執筆者・川口朋珠


  初めまして。硬式野球、アイスホッケー、アメフトを担当している1年の川口朋珠です。


  初コラム、何について書こうか迷っていましたが、迷ったら地元について書くのも良いよと先輩が勧めてくれたことを思い出したので、地元について書こうと思います!


  私のその地元とは静岡県です。とても住みやすい所で、沖縄に次いで雪の降らない県みたいです。意外。だからもし静岡県人が雪を見てはしゃいでいても温かい目で見守ってあげて下さい…(笑)


  東京に来てから東京の良さを感じつつも、地元の良さにしみじみと気づきます。電車の乗り換えは人混みの中を歩かなくて良いし、水もおいしいし、富士山もあって景色が綺麗で落ち着きます。『さわやか』というハンバーグ屋さんもおすすめです。サッカー班の人が取材後に何時間か並んで食べたと聞きました。もちろん私も食べたことあります、と言いたいんですが食べたことないです。食べたことないくせにおすすめしてしまいましたが美味しくないという人に会ったことがないので美味しいと思います…!帰省のたびに食べようと思うんですが行けてません。静岡県出身者として悔しいのでそろそろ行きたいなと思います。


  おすすめの場所としては三島がおすすめです。いい雰囲気の場所が意外とたくさんあります!私はその三島にある高校に通っていたのですが、ドラマ『ごめんね!青春』と『僕たちがやりました』のロケ地として母校と三島が使われているんです…!ドラマのような高校生活とは程遠い勉強と部活ばかりの高校生活でしたが、それはそれで楽しかったです。私はスポトウでは珍しくずっと文化部で、中学は吹奏楽部、高校は吹部が無かったので新しい楽器を始めようと箏曲部に入りました。高3の時に全国大会で2位とりました。(というただの自慢です、すみません。)部活を頑張れたのは、部員に恵まれたのと周りの方々の支えが心強かったのもありますが、運動部の友達のきつい練習を聞いて、それと比べたらこのくらい…と思うと頑張れたような気がします。自分より頑張っている人のことを思うと、頑張れない時も頑張れたりすると思います。ずっと文化部だった私にとっては特に、スポーツをやっている人たちの試合を見たり、その人達の言葉を聞くと、自分も頑張ろうと思えます。高校生の時に野球を好きになって、予定がない日は静岡の高校野球を見に行ったり、ご自由にどうぞ、と図書室に置かれてあった『週刊ベースボール』をかなり持ち帰ったりした記憶もあります…。友達も私が野球好きなのを知っていたので「とりあえず部室まで運んであげる!」と言ってくれたり。野球に関することになると目が輝くよねってよく言われました。


  スポトウに入ってからアイスホッケーとアメフトの試合も見るようになって、それぞれに魅力がありとても面白いです!硬式野球はテレビや雑誌で見ていた選手が目の前にいたり記者席で写真を撮らせてもらったり普通だったらできないことをさせてもらっていると実感します。そのような頑張っている運動部の活動をスポトウを通して、読んでくださる誰かの力になって選手にも寄り添えるような記事と写真で、その活躍を伝えていけるようになりたいです。語彙力と担当しているスポーツの知識が絶望的な少なさなのでもっと増やしていきたいと思います。頑張ります!


  いつの間にか地元の話と関係なくなっていました…。とりあえず静岡県よいところなので是非行ってみて下さい!

  次週はとにかく静かにしてれば可愛い(訳:声でかい。今隣にいます。コラム早くあげろってうるさいです。笑)子のコラムです♡お楽しみに!