Article

記事


2018.05.27
陸上競技

[陸上競技]小室粘りの走りで3000m障害準V!マイルリレーは悠々の1位通過

第97回関東学生陸上競技対校選手権大会

5月24日(木)〜27日(日)  相模原ギオンスタジアム


▼3日目

男子200m 予選

2組(風:+0.5)

1着 ウォルシュ 20"95 ※準決勝進出

4組(風:-1.2)

3着 松尾 21"54 ※準決勝進出

5組(風:+0.5)

5着 中村 21"27


男子800m 予選

1組

5着 坂本 1'52"09 ※準決勝進出

4組

4着 増田 1'53"33

5組

5着 柴田 1'54"98


男子800m 準決勝

2組

5着 坂本 1'52"48



男子400m障害 予選

2組

4着 杉山 51"95

4組

7着 佐藤 53"62


男子3000m障害 決勝

2位 小室 8'43"62 ※東洋大新


男子10000m競歩 決勝

1位 池田 40'16"44

2位 川野 40'24"84

10位 長山 41'45"63


男子4×400mリレー 予選

2組

1着 東洋大(柴崎ー櫻井朴ー松原ー吉津)3'08"95 ※決勝進出



初の表彰式となった小室

粘りの走りで見事準決勝を勝ち取った

予選を1位通過のマイルリレー、決勝では圧巻の走りを期待させる(左から吉津、松原)


競歩部門が快挙を成し遂げた関東インカレ(以下、関カレ)3日目。3000m障害の小室(済3=仙台育英)が東洋大記録を更新する走りで準優勝、4×400m(以下、マイル)リレーではエースのウォルシュを温存しながら悠々の予選突破と他部会も負けてはいない。トラック部門では暫定首位に浮上し、トラック総合連覇への道は明るい。


  3000m障害では東洋大屈指のスピードランナーである小室が魅せた。余裕を見せながら予選を突破し、迎えた決勝の舞台。レースはタイムランキングトップの坂口(東海大)が積極的にレースを引っ張る形で展開される。2kmに差し掛かる直前に先頭が三上(東海大)に入れ替わると、小室は三上の後ろに付き攻め時をうかがう。ラスト2周、先頭集団は三上と小室の2人に絞られると、ホームストレート手前の水防で三上が足を取られる。小室は一瞬の隙を見逃さなかった。そのまま先頭に躍り出ると、最後の力を振り絞りラストスパートを仕掛ける。しかし、驚異的なスパートをかけた前回大会王者の青木(法大)の猛追をかわせず。優勝にはあと一歩届かなかったが、自身初となる表彰台で思わず笑みがこぼれた。


  今回マークした記録(8分43秒62)は、小池寛明(H25年度済卒)が持つ東洋大記録をわずかに更新。東洋大の記録に新たな歴史を刻んだ。小室が次に射止めるのは日本選手権の表彰台。前回6位入賞と健闘したが、今季はさらに成長した走りでメダル獲得に期待がかかる。


  優勝候補であるマイルリレーは、終始余裕のある走りを見せた。今大会3種目にエントリーするエース・ウォルシュ(ラ4=東野)の負担を減らすため、予選はエースを温存してレースに臨む。1走はルーキー柴崎(法1=米沢中央)。中ほどの順位でバトンをつなげると2走櫻井朴(総4=国学院栃木)が2位に浮上する。上位4チームが混戦を見せる中、3走の松原(法3=九州学院)が飛び抜けてトップに立つと、アンカーの吉津(ラ2=豊橋南)が危なげなく逃げ切った。最終日の決勝ではウォルシュを投入し、ベストメンバーで圧巻の走りを展開する。


  200m予選では、400mの練習の一環としてウォルシュが出場。20秒95の好タイムで決勝に駒を進めた。さらに今大会4×100mリレーの優勝メンバーである松尾(総2=神辺旭)もタイムで拾われ予選を突破。決勝進出へ、まずは準決勝突破を目指す。


  3日目終了時点でのトラック総合得点は2位の東海大を大きく突き放し暫定1位。さらに多種目部門でも首位に浮上し、順調な成績を残している。最終日は優勝候補のマイルリレーを中心に、大量得点で二年連続のトラック優勝を確実に勝ち取りにいく。


■コメント

・梶原監督

400mHは杉山が準決勝までいくかなというところだったが、杉山の組みだけ向かい風が強く惜しいところだった。準決勝進出とはならなかったが、条件の悪い中で自己ベストが出たことは良かった。対して200mの中村は条件のいい中で自己ベストを出したけども組で4番にはつけて欲しかった。あと2人は順調に進んで準決勝、決勝と行ってくれると思う。(ウォルシュ)ジュリアンは足の状態を見ながら400mの練習の一環としての参加だったので、状態も良ければ200mも大丈夫だと思う。マイルは本来走るはずの池田が直前にけがで走れなくなった。それでジュリアンを温存して勝てないようでは優勝できないので、今回の4人でしっかり走って欲しいと思った。決勝ではどこにジュリアンを入れて戦おうかしっかり考えようと思う。



TEXT=大谷達也  PHOTO=大谷達也、小島敦希、小野由佳莉

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝