Article

記事


2018.08.29
硬式野球

[硬式野球]佐藤 JAPANを胸に圧巻の強肩・俊足・巧打を披露

侍ジャパン壮行試合   高校日本代表 対 大学日本代表

8月28日(火)神宮球場

◯大学日本代表7-3高校日本代表


四回、三塁打を放つ佐藤


俊足に球場が湧いた


東洋大ではバッテリーを組む甲斐野(写真左)と佐藤


今試合も国際試合の際と同じく本職の捕手ではなく、右翼手としてスタメン出場した佐藤(法3=聖光学院)。途中から一塁も守り、2番打者としては4打席1安打2打点の活躍を見せた。


   歓声が起こった。それは試合前の守備練習。右翼へのノックを圧巻のスピードで返球。「自分の前に辰巳(立命大、中堅手)さんが返球して歓声が起こっていて、そのあとに投げるのはちょっとやりづらかった」と苦笑い。しかしさすがは捕手らしい肩の強さで満員の神宮球場にどよめきを起こした。


   そんな守備は三回にも。三回2死、小泉(大阪桐蔭)は大学日本代表の先発・田中(立教大)から中堅前打。次の打者の小園(報徳学園)が右前打を放つと、小泉はすかさず三塁を目指す。しかし強肩が許さない。佐藤が右翼ゴロを素早く捕球し、力強いレーザービームで小泉を三塁で刺す。その送球にスタンドからは更に大きな歓声が湧き起きた。その歓声を背にベンチに戻ると笑顔でチームメイトとハイタッチ。「こんな歓声の中でやるのは久しぶりだった」とはにかんだ。



   魅せたのは強肩だけではない。いつも使うオレンジ色のバットに変えて打席に立った四回。お馴染みのバットを手に高校代表の2番手渡邉(浦和学院)から適時三塁打を放つ。快速を飛ばしてあっという間に三塁に到達。その速さにまた球場からどよめきが。「やっぱり自分はこのオレンジ色のバット」。この三塁打で大学代表は更に2点を追加し、高校日本代表を圧倒していく。


  「えぐかった」と、八回には投手・根尾(大阪桐蔭)と対戦。初球145㌔、2球目148㌔と佐藤の打席でギアを上げるように腕を振った根尾。惜しくも三塁邪飛に終わり、「どうせなら三振のほうが良かった。中途半端な感じになってしまった」とここは悔しさを見せた。


   九回にはいつも捕手としてリードしている甲斐野がマウンドへ上がり、佐藤は一塁から見守る。最終打者、蛭間(浦和学院)の一塁ゴロを佐藤が捕球し一塁を踏んで試合終了。高校日本代表も素晴らしいプレーを見せたが、大学日本代表は格の違いを見せ終始高校生を圧倒した。


   佐藤は右翼手、一塁手、捕手に就くことのできるマルチプレーヤー。大学日本代表では守ることはなかったが本職は捕手だ。「あとはあのピッチャー陣をどうリードするかだけ」。JAPANのユニフォームは一旦脱ぎ、9月1日に開幕する秋季リーグ戦へと気持ちを向ける。秋季リーグ戦の目標は春季リーグ戦時と同じく、4割3HR15打点。それに加え今秋は盗塁も狙っていく。「5盗くらいしたい」と意気込む。次にJAPANのユニフォームに袖を通すその日まで、また神宮の地でTOYOを胸に戦国東都を戦い抜く。


◼️コメント

・佐藤(法3=聖光学院)

(右翼からの返球にはノックのときから歓声が)キャッチャーということで肩の強さを見せれた。自分の前に辰巳(立命大)さんが返球したときに歓声がすごかったのでそのあとに投げるのはやりづらかった(笑)。でもライトゴロ(三回)のときに持ち味を見せれて良かった。(途中から一塁手に)一塁守るのは久しぶりだった。1点取られたの自分のミス。練習するしかないですね。(知り合いの方は応援に来ていましたか)自分のために来てくれたので、いいところを見せないとと思っていた。三塁打を打てたので良かった。(根尾(大阪桐蔭)選手との対戦は)えぐかったですね。自分の打席のときにちょっと本気だしてる感じで、意識してたのかなって。そうだったら嬉しいですね。自慢しようと思います。打ち取られたって(笑)。どうせだったら三振のほうがよかった。中途半端な感じになってしまった。(途中でいつものバットに変えましたか)やっぱり自分はこのオレンジ色のバット。なので途中で変えた。そしたらちょうどその打席で三塁打を打てた。やっぱり少し形が違う。順応できるようにしていきたい。(満員の神宮球場は)歓声の中でやるというのが久しぶりというか。東都と比べるとすごかった。結果を出さないとなと思った。出せて良かった。(大学日本代表はどんなメンバー)本当にみんな仲良い。これが最後と思ったら寂しい。いろんな経験ができたので代表に選ばれて本当に良かった。来年も選ばれるかどうか分からないが、選ばれるように頑張りたい。次に選ばれたら引っ張っていけるようにしたい。(体重の変化は)海外行って減って、日本に戻って3日で5㌔戻った。日本食美味しいので。(秋季リーグ戦に向け)もうあと4日後ですね。状態は悪くない。あとはあのピッチャー陣をどうリードするか。変に固くならないようにしたい。4連覇に貢献できるよう頑張っていきます。


TEXT=川口朋珠   PHOTO=齋藤洋、望月優希