Article

記事


2017.10.02
陸上競技

[陸上競技]ウォルシュ 大会新で国体へ手応え!

第6回日本記録挑戦会兼住友電工杯

10月1日(日)住友総合グランド陸上競技場


男子100m タイムレース決勝

2組(風:+1.1)

3着 松尾 10"68(総合6位)

5着 大野 10"71(総合8位)

3組

DNS ウォルシュ


男子300m タイムレース決勝

1組

2着 中村 34"29(総合10位)

5着 増子 34"50(総合16位)

2組

1着 櫻井朴 33"52(総合3位)

4着 松原 34"28(総合9位)

3組

1着 ウォルシュ 32"66(総合1位) ※大会新


男子4×200mリレー 決勝

3位 東洋大(ウォルシュー中村ー櫻井朴ー松尾)1'24"68



ウォルシュは他を寄せつけない圧巻の走りを見せた


 日本記録挑戦会兼住友電工杯に短距離部門から7名の選手が出場。10月6日から行われる国民体育大会(以下、国体)の調整として出場したウォルシュ(ラ3=東野)が、300mで自身の持つ大会記録を更新した。


  300mの日本記録(32秒21)更新を狙っていたウォルシュ。スタートから飛び出すとスピードに乗って、コーナーを回る。最後の100mで彼に並ぶ者はいない。後続との差を大きくつけたままゴールへ駆け抜けた。32秒66と大会記録は更新したものの、目指していたのは日本記録の更新だ。それでも調子が良くない中でも32秒6をマークし、「結構いいタイムが出せた」と手応えも感じた。また、刺激として4×200mリレーにも出走。1走として勢いをつけるべく、序盤から攻めていく。しかし、レースは終始混戦となり、最後までこの種目3連覇のかかる中大を抜かせず、3位でゴールとなった。


  ウォルシュだけでなく、櫻井朴(総3=国学院栃木)も300mで好走を見せた。コーナーを過ぎてからトップ争い食い込むと、終盤にはそこから抜き出し1着でフィニッシュ。二人の3年生が総合順位でも上位を占めた。


  先週から100mや200mのレースをこなしてきたウォルシュ。目標の400m44秒台をマークするには「スピードが大事」と話す。序盤からハイスピードでレースを進める彼だが、そのスピードをさらに上げる必要がある。まずは国体に向けてスピード練習を積み、調整を図る。また、国体には東洋大からも多くの選手が出場予定だ。次はふるさとの代表として、その実力を発揮する。



■コメント

・ウォルシュ(ラ3=東野)

(出場の意図は)国体に急きょ出られるようになったので、そこの調整として。300mの日本新記録を狙っていたが、あまり調子は良くなくて(記録が)出ないかなと思った中で32秒6ぐらいは出た。来週にはもっと(調子が)上がるので結構いいタイムが出せたと思う。(100mの棄権は)8継の1走で刺激になればと思っていたので。リレーはあまり中大に追いつけなかったのは悔しい。(44秒台に向け強化したい点は)やっぱりスピードが大事。あと1週間スピード練習して、そこで調整したい。



TEXT/PHOTO=福山知晃

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝