Article

記事


2017.12.30
陸上競技

[陸上競技]第94回箱根駅伝区間エントリー 新たな歴史とヒーロー誕生へ 勢いのある下級生で流れをつかめ!

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走 区間エントリー
1月2(火)~3日(水) 開催予定

1区 21.3㎞ 西山和弥(総1=東農大二)
2区 23.1㎞ 相澤晃(済2=学法石川)
3区 21.4㎞ 中村駆(済2=西京)
4区 20.9㎞ 吉川洋次(ラ1=那須拓陽)
5区 20.8㎞ 田中龍誠(済1=遊学館)
6区 20.8㎞ 今西駿介(済2=小林)
7区 21.3㎞ 渡邉奏太(済2=吉原工)
8区 21.4㎞ 浅井崚雅(済1=一関学院)
9区 23.1㎞ 小早川健(済4=武蔵越生)
10区 23.0㎞ 中村拳梧(済3=八戸学院光星)

補欠
小笹椋(済3=埼玉栄)
山本修二(済3=遊学館)
定方駿(工2=川棚)
土壁和希(総2=つるぎ)
大澤駿(済1=山形中央)
野口英希(工1=松山)

※正競技者と補欠競技者の当日変更は4名まで可能。正競技者間での区間変更は認められない。


チーム一丸となり、鉄紺の伝統をつないでいく



  第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根)の区間エントリーが29日発表された。10年連続3位以内そして王座奪還を目指す東洋大は1区から1年生を配置するなど、下級生の勢いを感じさせるオーダーだ。

 スタートから流れをつくっていきたい1区に起用されたのは西山。5000m、10000mともにチームトップレベルのタイムを持ち、前戦の出雲駅伝(以下、出雲)や全日本駅伝(以下、全日本)でもその力を十分に発揮しているスーパールーキーだ。それでも彼自身は出雲と全日本の走りに満足はしていない。西山は箱根での目標を「区間賞」と語る。毎年、ラストスパートで集団から抜け出し、秒差でタスキリレーとなる鶴見中継所。集団での位置取りやラストスパートが区間賞のカギを握る。エースが集まる花の2区は相澤が担う。この区間は区間賞有力候補の鈴木健(神大)に加え、塩尻(順大)やニャイロ(山学大)といった強者ぞろいだ。相澤は今季5000mと10000mで自己ベストの更新、全日本では大学駅伝初めての区間賞も獲得し、彼らと渡り合える力は十分だろう。昨年度の箱根路は体調不良で出走はかなわなかった。初めての箱根でエースの集う2区に起用されたが、各校の実力者に粘り強く付いていければ、区間上位に食い込むことができる。全日本のようにレース終盤に集団を崩し、中継所へ飛び込んでいきたいところだ。3区は中村駆が起用され、2年生同士のタスキリレーとなる。2区ではエース同士のし烈な争い、そして東洋大は4区と5区に1年生が起用されているため、この区間でしっかり上位を守り切ることが重要だ。
  そして昨年度からコースが変わり、終盤に山に向かう上り坂が控えている4区に吉川がエントリーされた。出雲、全日本にも出走している期待のルーキーだ。アンカーを務めた全日本では服部勇馬(H27年度済卒=トヨタ)が1年時にマークしたタイムを上回り、区間4位でレースをまとめ上げた。ロードでの強さに加え、上りの適正もあるためこの区間に打ってつけの逸材だ。往路最終5区には箱根が3大駅伝デビューとなる田中龍が起用。彼は7月に行われた男鹿駅伝でも上り区間を任され、チームを1位へ押し上げ優勝に導いた。出雲、全日本の出走はないが箱根の山に焦点を絞ってきた選手だ。初めての3大駅伝だがチームスローガンの“怯まず前へ”を体現した走りでゴールへ駆け上がる。

 復路でポイントとなるのは7区だ。ここは過去に設楽悠太(H25年度済卒=ホンダ)や服部弾馬(H28年度済卒=トーエネック)といった実力者たちも出走しており、東洋大が重要視する区間だ。そんな7区に配置された渡邉は今季、出雲と全日本で主要区間を任されてきた。出雲では苦しい走りとなったが、全日本ではその雪辱を果たし区間2位と好走を見せた。1年時から駅伝を経験し、2年時ではロードでの自信をつけた彼が復路でキーマンとなるに違いない。また酒井監督が「復路の核となってほしい」と期待を寄せる小早川は9区にエントリーした。ここは復路のエース区間で距離も最長の23.1㎞。昨年度、野村(済4=鹿児島城西)が区間賞を獲得し、2位に順位を押し上げるなどドラマが見られた。当時その野村からタスキを受け、ゴールへ駆け抜けた小早川。今回出場のかなわなかった同期の思いも背負い、次は小早川が「区間賞」を目指し最後の箱根路に挑む。
  6区には今西、8区には浅井が起用された。この二人はそれぞれ出雲、全日本で3大駅伝デビューを果たすも悔しい結果となった。それでもその後の選考レースである上尾ハーフで好調をアピールし、見事エントリーを果たした。この時チーム内1位でフィニッシュした浅井は初めてのハーフマラソンでありながら、63分台をマーク。2位となった今西も自己ベストを更新した。山下りの6区、終盤に遊行寺の上り坂がそびえ立つ8区とそれぞれ難所ではあるが、調子を上げてきた彼らの駅伝での借りを返す走りに注目だ。そしてアンカーに起用された中村拳。前2戦でメンバー入りを果たすも出走はなかったが、上尾ハーフでは浅井や今西に次いで63分台をたたき出した。箱根路こそ出走し、同期の小笹や山本に続く存在へと進化を遂げていきたいところだ。

 エースの山本や駅伝経験者の小笹が補欠に控えており、当日どの区間に配置されるのか注目だ。「後続の選手がリラックスして走れるように走りでサポートしたい」(山本)、「チームに勢い付けられるような走りをしていきたい」(小笹)と意気込む二人。箱根未経験の下級生のために上級生がしっかりとチームを導いていくことは必須となる。

 「この中から必ずヒーローが出る」と話した酒井監督。目標の10年連続3位以内を確実なものにし、王座奪還を目指す。そして東洋大の第2期黄金期の幕を開けるニューヒーローは誰なのか。大勝負の箱根で新たな東洋大の歴史が築かれる。



TEXT=福山知晃  PHOTO=大谷達也

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝