Article

記事


2018.05.22
陸上競技

[特集]関カレ特集第4弾 競歩部門 2年連続の表彰台独占へ 競歩王国のスピリッツ継承し最高の歩きを!

競歩部門


2年連続の表彰台独占に向けて下級生中心の布陣で挑む(上から池田、川野、長山)



 昨季の関東インカレ(以下、関カレ)覇者である及川(H29年度済卒=福井スポーツ協会)や山下(H29年度総卒=東条うどん)の卒業後、二人のフレッシュな顔ぶれが加わり7人体制となった男子競歩部門。迫り来る関カレには、ハイレベルな部内選考を勝ち抜いた池田(済2=浜松日体)、川野(総2=御殿場南)、長山(済1=埼玉栄)がエントリー。2年連続の表彰台独占へ、若き選手たちが最高の歩きを披露する。

 

 

 2年生になり、エースへと成長した前回大会2位の池田。池田は2月に行われた第101回日本陸上競技選手権大会20km競歩(以下、神戸競歩)において総合4位に輝くとともに、1時間1913秒の好タイムをマーク。自己ベスト更新し、強さを見せつけた。この勢いは止まることを知らず、3月にスイスで開催された第15回マリオ・アルビゼッティ記念ルガノ・トロフィ競歩(以下、ルガノ・トロフィ競歩)の20kmWでは堂々の優勝。さらには5月上旬に中国で行われた第28回世界競歩チーム選手権の20kmWにおいて世界の強豪たちを相手に圧巻のラストスパートを披露し、日本勢最年少ながら見事優勝を飾った。松永(H28年度工卒=富士通)を始めとする実業団の有力選手たちを抑え、トップの座を獲得した池田に日本中の注目が集中。2020年の東京オリンピック出場が有力視される競歩界の逸材だ。今年の関カレでも、圧巻の歩きでチームを引っ張っていくに違いない。

 

 1年時から池田と切磋琢磨し続けてきている前回大会3位の川野も、抜群の強さを誇る。国内トップクラスの選手が集う神戸競歩において総合8位でゴール。また、池田とともに1時間1952秒の自己ベストをマークしており、まさに成長真っただ中と言えるだろう。さらにルガノ・トロフィ競歩では池田に3秒と迫るタイムで総合3位に輝いており、彼を脅かす最高のライバルであることを印象付けている。関カレでの川野の積極的なレース運び、また池田と繰り広げるハイレベルな優勝争いに要注目だ。


 そしてもう一人、男子競歩部門の新星がエントリーメンバーに名乗りを上げた。長山は3月に開催された第42回全日本競歩能美大会において当時高校生ながら日本人7位に輝くなど、一年前の池田と川野に引けを取らない実績を持つ。大学入学後も着実に力を伸ばしてきており、関カレ選考の一環として出場した第2回国士館競技会において安定した歩き、さらには圧巻のラストスパートを披露し見事出場権を手にした。「体を絞ってスピードに対応できるような体づくりをしていきたい」と関カレへの気合も十分。頼れる二人の先輩と挑む関カレでの長山の勇姿に期待せずにはいられない。

 

 また女子10000mWには竹中(食2=秋田商)がエントリー。女子競歩部門に新風を巻き起こせるか、男子とともに竹中の歩きに注目が高まる。

 

 

 競歩王国と呼ばれる東洋大。この安定した強さを築き上げてきた先輩たちの思いを胸に、若き布陣が関カレへと挑んでいく。目指すは2年連続となる鉄紺一色の表彰台だ。




関東インカレは5月24日(木)~27日(日)の4日間に渡り相模原ギオンスタジアム(神奈川)にて開催。各大学のし烈な選考を勝ち進んできた選手が出場し、熱い勝負が繰り広げられます!

東洋大の応援にぜひ競技場へお越しください!


※以下は東洋大の出場予定です。

24日

◆女子1500m予選

10:15~ 1組 伊東明日香(食1=順天)

2組 塩谷彩乃(食3=健大高崎)

◆男子1500m予選

10:35~ 1組 中村駆(済3=西京)

2組 大澤駿(済2=山形中央)

◆男子100m予選

12:00~ 1組 大野晃祥(法4=東洋大牛久)

4組 津波響樹(ラ3=那覇西)

5組 宮本大輔(法1=洛南)

◆男子110m障害

13:00~ 1組 吉藤直希(社2=星稜)

◆男子400m予選

14:50~ 1組 ウォルシュジュリアン(ラ4=東野)

2組 吉津拓歩(ラ2=豊橋南)

5組 櫻井朴也(総4=国学院栃木)


◆男子4×100mリレー予選

15:55~ 2組 大野晃祥

津波響樹

宮本大輔

松尾隆雅(総2=神辺旭)

伊藤羅生(法1=大湊)

大橋尚之(法2=新潟明訓)

◆女子10000m決勝

16:45~ 大倉真歩(食3=埼玉栄)

     森田歩美(食4=浜松商)

     山口いずみ(食3=順天)

◆男子10000m決勝

17:25~ 相澤晃(済3=学法石川)

     西山和弥(総2=東農大二)

     鈴木宗孝(済1=氷取沢)


25日

◆男子110m障害準決勝

9:30~

◆女子走高跳決勝

10:00~ 小池芽生(生1=武南)

◆男子100m準決勝

10:50~

◆男子400m準決勝

11:25~

◆男子走幅跳決勝 

11:35~ 津波響樹 

小川翔(法4=大阪桐蔭)

◆男子3000m障害予選

13:10~ 1組 小室翼(済3=仙台育英)

     2組 小田太賀(総2=浜松商)

◆男子110m障害決勝

14:05~

◆男子100m決勝

14:55~

◆男子400m決勝

15:25~

◆女子1500m決勝

15:50~

◆女子10000W決勝

16:20~ 竹中奈央(食2=秋田商)

◆男子4×100mリレー決勝

18:00~


26日

◆男子10000W決勝

9:50~ 池田向希(済2=浜松日体)

     川野将虎(総2=御殿場南)

     長山達彦(済1=埼玉栄)

◆男子800m予選

11:55~ 1組 坂本陸(済1=越谷西)

4組 増田健人(ラ4=北陸)

5組 柴田隆平(済2=東大和)

◆男子400m障害予選

13:25~ 2組 杉山孟示(法2=大分雄城台)

4組 佐藤俊介(済3=富士)

◆男子200m予選

14:35~ 2組 ウォルシュジュリアン

4組 松尾隆雅

5組 中村拓都(ラ3=九州学院)

◆男子800m準決勝

15:55~

◆男子3000m障害決勝

17:00~

◆男子4×400mリレー予選

18:25~ 2組 ウォルシュジュリアン

櫻井朴也

吉津拓歩

松原秀一郎(法3=九州学院)

柴崎悠斗(法1=米沢中央)

池田仁(法4=岩村田)


27日

◆男子ハーフマラソン決勝

9:06~ 山本修二(済4=遊学館)

     小笹椋(済4=埼玉栄)

     吉川洋次(ラ2=那須拓陽)

◆男子400m障害準決勝

11:05~

◆男子200m準決勝

11:45~

◆男子三段跳決勝

13:00~ 吉川光(ラ2=本庄第一)

◆男子800m決勝

13:20~

◆男子400m障害決勝

13:55~

◆男子200m決勝

14:25~

◆女子5000m決勝

15:20~ 室伏杏花里(食4=白鴎大足利)

     白川恵理菜(食3=常総学院)

     和田美々里(食2=順天)

◆男子5000m決勝

15:45~ 相澤晃

     西山和弥

     渡邉奏太(済3=吉原工)

◆男子4×400mリレー決勝

16:30~


会場:相模原ギオンスタジアム(スタジアムまでは相模大野駅、原当麻駅、古淵駅、相武台前駅から利用できます)


【相模大野駅】

平日・土曜の午前10時まで:グリーホール前のりば3乗車 女子美術大学下車(約20分)

【原当麻駅】徒歩(約20分)

【古淵駅】

古淵駅のりば2乗車 女子美術大学下車(約20分)

女子美術大学バス停から徒歩(約10分)

※27日(日)の午前につきましては、関東インカレ種目のハーフマラソン実施により、バスの循環が変更いたします。通常の運行は「女子美術大学行」となりますが、1つ手前の停留所「総合体育館前行」に変更となりますのでご注意ください

【相模原駅】

相模原駅南口のりば2乗車 総合体育館前下車(約30分)

総合体育館前バス停から徒歩(約15分)

【相武台前駅】

相武台前駅のりば2乗車 総合体育館前下車(約10分)

総合体育館前バス停から徒歩(約15分)


TEXT=小野由佳莉 PHOTO=小野由佳莉、大谷達也

第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝