Article

記事


2019.06.02
水泳

[水泳]ジャパンオープン3日目 細川が自己ベストを更新し決勝進出!白井と今井月も健闘し、上位に!

ジャパンオープン2019(50m)


5月30日(木)~6月2日(日)東京辰巳国際水泳場


(3日目・予選)


◆女子50m背泳ぎ


5組 

9着 今井彩 30”07


6組 

5着 渡邊彩 29”55 

→全体14位でB決勝進出


◆男子50m背泳ぎ


3組

2着 山本遥 26”45


5組

5着 渡辺皆 26”21 


7組

1着 細川 25”53

→全体1位で決勝進出


◆女子100m自由形


3組

 8着 永島 58”42


6組 

1着 白井 55”18

→全体3位で決勝進出


8組

3着 今井月 55”52

→全体7位で決勝進出


◆男子400m自由形


6組

8着 山本健 3’59”06


◆女子200mバタフライ


4組 

4着 竹村 2’13”80


中野   DNS


◆男子200mバタフライ


2組

4着 廣瀬 2’01”09


6組

4着 阪本 1’58”08

→全体11位でB決勝進出


◆女子200m個人メドレー


2組

10着 小野寺 2’21”03 


3組

小嶋   DNS


◆男子200m個人メドレー


2組

2着 田中大 2’04”18


6組

6着 宝田 2’03”04

→全体16位でB決勝進出


9着 若林 2’05”28


(3日目・B決勝)


◆女子50m背泳ぎ

4着 渡邊彩 29”31


◆男子200mバタフライ

6着 阪本 1’58”89


◆男子200m個人メドレー

6着 宝田 2’03”26


(3日目・決勝)


◆男子50m背泳ぎ

6位 細川 25”66


◆女子100m自由形

2位 白井 54”55

6位 今井月 55”00


予選で自己ベストを更新し笑顔を見せる細川

白井は2日連続で表彰台へ上った

積極的な泳ぎを見せた今井月


 折り返しとなったジャパンオープン3日目は、細川(営2=高松第一)が男子50m背泳ぎで決勝に進出し6位入賞を果たした。また、女子100m自由形決勝では白井(国2=宝塚東)が2位、今井月(法1=豊川)が6位に入賞するなど東洋大の活躍が目立った。

 

 前日に100m背泳ぎで自己ベストを更新し勢いに乗る細川は、男子50m背泳ぎに出場。「軽い泳ぎで波に乗れていた」とスタートから勢いよく飛び出し、予選を1位で通過。4月の日本選手権で出した自己ベストをさらに更新し「泳いでいて楽しかった」と振り返った。表彰台が期待された決勝では、横一線の戦いの中でタッチの差で競り負けて6位でフィニッシュ。「自分のいい泳ぎができていなかった」と悔しさをにじませたが、7月のユニバーシアード競技大会へ向け「25秒3を目標に頑張りたい」と力強く語った。


 女子100m自由形決勝には白井と今井月が出場した。スタートから積極的な泳ぎを見せた白井と今井月は、前半を白井が2位、今井月が3位と2人とも好順位で折り返す。その後白井は「積極的なレースはできた」と語ったように、勢いを落とさず2位でフィニッシュし、前日に引き続き表彰台へ上った。今井月も前を行く選手に食らいつき自己ベストを更新する泳ぎを見せ、6位入賞を果たし「今できるレースはできた」と振り返った。


 3名が決勝進出、同じく3名がB決勝に進出するなど東洋大が活躍した3日目が終わり、4日間続くジャパンオープンも残り1日となった。レースが続く選手もいるが、疲労が残る中どこまで力を出し切れるか。東洋大の選手の活躍に注目したい。



◼︎コメント


・渡邊彩(営4=東北)

予選の時に自分が思ってたタイムよりも遅かったので、決勝では絶対に上げようと思って泳いだ。昨日の100mの方が本命で、この大会でタイムを出すことが1つの目標でそれがクリアできたので、今日は自信を持って泳ごうと思っていた。(今大会を振り返って)親とかが応援に来てくれていて、レース中は覚えていないが、レース前とかは最後だが力まず、自分なりに楽しんでこの試合が終われたらなと思っていた。(今後は)インカレが次の大きな舞台で、それが最後だと思うので、個人では絶対A決勝に行って、泳がせてもらえるならメドレーリレーの第1泳者もしっかり視野に入れて、1年生とかは不安だと思うので、その後輩たちを引っ張っていけるくらい自分がしっかりと結果を残していきたいと思う。



・阪本(国2=三重)

予選からタイムを落としてしまったのが情けないなと思う。前半行きすぎると後半落ちてしまう部分があったので、後半の特にラスト50mを意識したレース展開にしようかなと思っていた。(日本選手権後は)日本選手権ではしっかり2本タイムを上げることができ、結果は良くなかったがレース内容が良かったので、それをなるべくキープできるように意識してこの2ヶ月練習してきた。(明日のレースに向けて)100mはスピード勝負になると思うので、今日の200mで少しスピードは落ちていると思うが、明日またしっかりスピードを上げて2本泳げるように頑張りたい。


・白井(国2=宝塚東)

−予選後−

昨日の疲れが結構あったのでどうなるかと思ったが、予選からちゃんと泳ごうと思っていた。54秒台を予選から出したかったが、それでもいい感じで泳げていたと思うのでこれくらいかなという感じ。(決勝のポイントは)自己ベストを出さないと標準を切れないので、積極的にいって、後半バテないようにしっかりキックを打って、最後のタッチまで頑張りたいと思う。

−決勝後−

アップの感じから54秒台が出るなという感じはしていた。派遣標準を切りたかったが、0.01ベスト更新したと聞いたので悪くはなかったかなと思う。最低でも自己ベストは出そうと思っていたので、100分の1だが自己ベストを出すということは練習の成果が出ているということなので悔いはない。積極的に(大本)里佳さんはいくと思っていたので、最初の50mから積極的にいってついていこうと思っていた。最後の25mくらいは浮いてしまったが、それでも積極的なレースはできたかなと思う。疲労がある中でのレースだが、その中で自己ベストがでているのは力がついていることなので前向きに捉えて、本番の世界水泳ではもっと自己ベストを連発できるようにしたい。(ジャパンオープンでの自由形の目標について)最低でも自己ベストは出したいと思っていたので、それを2つともクリアできているので、自由形に関しては疲労がある中だが、上出来かなと思う。(明日のレースに向けて)派遣標準を狙って1週間くらい練習してきたので明日2分8秒を目指して頑張りたい。


・宝田(法2=東福岡)

結構感覚が良かったのでもう少し(タイムが)出たと思っていた。(レース展開は)150mまでは力まず、最後の50mで上げようと思っていた。(強化している泳ぎは)最後勝負になった時に自由形が強い方が勝てるので、最近は自由形を強化している。(明日のレースに向けて)結構調子がいいので、ベストを狙っていきたい。



・細川(営2=高松第一)

うまくいったと思ったが、予選1位通過というプレッシャーもあって、自分のいい泳ぎができていなかったと思う。ジャパンオープン前はあまり調子が良くなくて、どうかなと思っていたが、昨日の100mが自己ベストで、今日の50mにいい気持ちで臨めて、予選もすごく軽い泳ぎで波に乗れていて、予選は泳いでいて楽しかった。(日本選手権後は)ゴールデンウィークに東洋を離れて、ユニバーシアードの日本代表の合宿の方に行って、東洋では結構ガツガツ泳ぐが、日本代表の方は一本集中で瞬発力を鍛えたので、そこが日本選手権から変わったところかなと思う。(ユニバーシアードに向けて)このタイムでは多分決勝に進めないと思うので、25秒3を自分の目標に掲げているので、まずそれに向けてあと約1ヶ月頑張っていきたいと思う。


・今井月(法1=豊川)

−予選後−

1フリのアップはしたことがなかったので結構不安もあったが、予選にしてはまあまあかなと思う。(タイムについて)ベストからも割と近いタイムで泳げた。決勝はしっかり体も動くと思うので、とにかく全力で頑張りたい。(どのようなレース展開をしたいか)絶対最後競ると思うので、競ったときに負けないようにしたい。

−決勝後−

自分にはあまり1フリの引き出しがなかったので、とにかく最初からいってどれだけもてるかという感じのレースプランを立てていたので、今できるレースはできたかなと思う。(手応えは)54秒5くらいが代表のラインになるのはわかっていたので、そこまでもっていけなかったのは力不足だと思うが、自己ベストは出せたし54秒台も見えてきたかなと思う。(自由形について)今日、自由形にチャレンジしたことはすごく良かった。このような試合で一度は経験しておかないと次に進めないと思うので、この場でベストが出せてよかった。(明日のレースに向けて)ベストを更新できたらいいがどうなるかはわからない。最終日になるのでしっかり気持ちを切らさずに最後まで頑張りたい。



TEXT=𠮷留奈津 PHOTO=伊藤なぎさ、越塚日南

ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016
ジャパンオープン2016