Article

記事


2022.06.12
陸上競技

[陸上競技] 日本選手権2日目 柳田リレー代表視野に3位 舘野セカンドベストで2位表彰台

第106回 日本陸上競技選手権大会

2022年6月9日(木)~12日(日) 大阪・ヤンマースタジアム長居



▼2日目


U20男子三段跳決勝

DNS  城崎 


U20男子400mH予選

4組

1着 小川 50"50  PB


U20男子100m決勝(風:+−0.0)

2位 舘野 10"48


男子400m決勝

4位 中島 46"07  PB


男子100m決勝(風:+1.1)

3位 柳田 10"19



3位で表彰台入りを決めた柳田


中島は目標の3位以内に届かずもPB更新


舘野は100mで2位に入った



 第106回日本陸上競技選手権大会(以下、日本選手権)2日目。決勝種目が多く行われたこの日は、舘野(ラ1=中京大中京)が2位で表彰台入りを果たした。中島(総3=城西大城西)は決勝のレースでPBを更新するも、あと一歩表彰台には及ばず。柳田(文1=東農大二)は予選のタイムにこそ届かなかったが、この大舞台で3位に輝いた。

 

 1日目のU20男子100m予選ではスタートで足をつるアクシデントがありつつも、10秒38のPBを更新していた舘野。迎えた決勝では「自分の中では納得するレース」と、セカンドベストの走りで2位入賞を決めた。舘野は今大会は100mに加え、200mにもエントリーしている。「100mでこれだけタイムが出ているので、きっといいタイムが出ると思う」。狙うは優勝、そして今シーズン1番の目標とするU20世界陸上競技選手権大会(オレゴン)への出場権獲得だ。


 46秒前半を出した男子400m予選のレースに、「少しがっかり」と肩を落としたのは中島。決勝には45秒5のタイム、そして表彰台を目指して臨んだが、結果は46秒07で4位と、あとわずか目標達成には及ばなかった。それでもこの舞台でPBを記録し、着実に45秒台に近づいている。成長著しい中島の活躍に今後も期待がかかる。


 この日のトリを飾ったのは男子100m決勝。OB・桐生(H29年度法卒=日本生命)やサニブラウン(タンブルウィードTC)など、名だたる強豪選手が顔を連ねる中、柳田は4レーンに構えた。スタートの合図とともにみるみる加速していくと、10秒19のタイムで見事3位入賞。準決勝では10秒16のPBを記録していただけに悔しさを滲ませたが、これまで2年連続7位という中での表彰台入りに「3番に食い込めたことは良かった」と安堵した。柳田は世界陸上競技選手権大会(以下、世界選手権)でリレー代表入りの可能性を残しており、内定した暁には「与えられた走順で、できる限りの走りをしたい」と意気込みを見せる。


 舘野、中島、柳田の3人に留まらず、大会3日目を終えた時点で多くの選手がPBを更新している。U20男子400mH予選に出場した小川(ラ1=豊橋南)は50秒5、男子110mH予選では藤原(法2=洛南)が13秒6でそれぞれ自己新記録をマークした。また小川は3日目の決勝にて見事3位に食い込んでいる。大会は残すところあと1日。200mで決勝に臨む舘野は、今度こそ優勝となるか。大阪の地で活躍する東洋大選手の活躍に、一層の注目が集まる。



■コメント

・舘野(ラ1=中京大中京)

(決勝を振りかえって)力みすぎてしまったのかなという思いもあるが、しっかりとセカンドベストでまとめられた。1位ではなかったが、自分の中では納得するレースだった。タイムとしては加速がまだ課題だと感じていて、後半の伸びが予選よりも上がらなかった。(予選では足をつるアクシデントがあったが)今回はしっかりと走れた。やはり課題は加速であったり、このようなレースに慣れていないのが原因かと。(次の200m含め今後の目標は)100mでこれだけタイムが出ているので、きっといいタイムが出ると思う。しっかりと次の200mでベストを出したい。今シーズン一番の大きな目標は世界ジュニアにしているので、まずそこに選ばれるようにレースに臨みたい。


・柳田(文1=東農大二)

(決勝を振りかえって)中途半端になってしまった。準決勝終わった時点からどういったレース展開になるかということは、ある程度想定できていた。最初スタート出られて、後半ハキームくんとかが来るだろうなということは予想していた。準決勝の方が良いタイムだったので悔しい。(過去2回よりも成長を感じた部分は)2年連続7番と不甲斐ない走りばかりだったので、今回3番に食い込めたことは良かった。(桐生選手を抑えての3位については)勝たなければ日本代表に入れないと思っていたので、しっかり勝負していくんだという思いで臨んだ。(世界選手権のリレー代表に入ったら)与えられた走順で、しっかり自分ができる限りの走りをしたい。



TEXT/PHOTO=松本考史

第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第48回全日本大学駅伝
第28回出雲駅伝
第28回出雲駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第34回杜の都駅伝
第40回全日本競歩能美大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第95回関東学生陸上競技対校選手権大会
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝
第48回男鹿駅伝