Article

記事


2019.05.23
コラム

第653回 【速報】寝てしまわない方法/リスク回避 執筆者・小島敦希

   こんにちは!陸上、射撃、卓球、空手、少林寺拳法を担当しております3年の小島敦希です。


    最近は、女子卓球の試合を取材して、試合展開が劇的すぎて感動しました。残り1年ですが自分なりにスポトウを頑張ろうと思った瞬間でした。


    さて、先週のコラムを書いた編集長が寝てしまわない方法を教えてくださいとのことだったので早速教えてあげようと思います。


    結論をいうとまずそもそもその方法を探す必要はないと思います。なぜならば睡眠は人間の3大欲求であり人間として自然な現象にすぎないからです。起きよう起きようと思ってもただひたすら眠くなるだけです。「寝たいときに寝る」。これが人間として最も自然な解答だと思います。ストレスも絶対たまりませんね。


    というのが率直な意見です。しかしどうしても起きなければいけないという場面はあると思うので自分がやっている眠気対策を紹介します。それは、膝と膝の間にスマホを挟むことです。普段はifaceのケースを付けていますがそれをまずとります。そして、画面を下に向けて膝と膝の間に挟みます。もし落としてしまったらもちろん画面が割れてしまいます。すると画面を割りたくないという考えが眠気を超えるので自然と緊張感が生まれ眠気は吹っ飛びます。携帯だとさすがに怖い!という場合は食べ物を挟むのがいいと思います。カップラーメンとか挟めば相当な緊張感が得られると思います。落としたら靴に汁がかかりますからね。是非自分に合う方法を模索して実践してみてください。


    これで解答になっているでしょうか。少しでもお役に立てたらなと思っております。21歳の誕生日おめでとうございます🎉


    読んでいただきありがとうございますと終わりたいところですがアンコールということでもう少し続けさせてください。


    最近、自分の周りで恋人を作り始めている人が多い傾向にあります。そしてスポトウでも最近そのような風があるという現実があります。スポトウだけはそういうのないと思っていたのに裏切りですよね笑


    冗談はさておき、自分は大学生になってから一度も恋人ができていません(いきなりすいません笑)。彼女なんていらないと別にカッコつけているわけではありません。純粋にほしいなと思っております。ではなぜ自分には彼女ができないのでしょうか。考えたことを発信させていただきます。


    自分には、高校1年から3年間クラスと部活が同じで、今でも定期的に会う友達がいます。その人も大学生になってから彼女がいないという自分と同じ境遇に立たされています。その友達と最近恋愛観について考える機会が多くなりました。20代になり大人になってこういうことを考えるのは普通のことですよね。好きな人を作りたくないなら話ははやいです。作らなければいいじゃんで話は終わります。でも自分らはどちらとも作りたいという考えでした。では何がダメなのでしょうか。20代になると顔よりも性格を意識する人が多くなると思うので顔ではないと思います。ということは性格に問題があるのかと考えました。しかし、話しやすいとかおもしろいとかあまり負の要素は言われたことないので人間的には問題ないのかと思います。では、原因は何なのでしょうか。そこで自分たちは大きな原因に気づきました。それは「リスク回避」という行動です。自分は、日常生活の様々な部分でリスク回避を考えています。もちろん、自分のためにも周りのためにも何かをやるときはその行動をするときに伴うリターンとリスクを考えます。そのおかげで今まで大きな衝突をしたことはなく、リスク回避をしつつやりたいことをやり、いい意味でストレスなく生きています。しかし、恋愛となると「リスク回避」というのはマイナス面にしか働きません。好きな人ができました。お出かけをしたりしてさあ告白。しかしここで起こり得るリスクを考えると「振られてしまう」ということになります。振られてしまうリスクを考えてしまうと自然と告白をしないという結論に至ってしまいます。結果、恋愛には発展しないのです。一般的な人から見れば、「もっと積極的になれよ」とか「ノリでいけるじゃん」と思うかもしれませんが自分ら二人はこれらの症状にとりつかれています。


    他にも同じ症状の人がいれば是非共有したいです。中々このような話は聞かないので自分は少数派だと認識しております。


    今までは忙しいとか出会いがないと言っておりましたが決してそんなことはありません。将来をよりよいものにするため、この症状を克服しようとする毎日でございます。何かいい特効薬があれば是非教えていただきたいです。


長々と失礼致しました。ご意見お待ちしております。