Article

記事


2019.08.11
硬式野球

[硬式野球]斎藤の魂込めた一打で法大戦は引き分けに

 夏季オープン戦

8月11日(日) 東洋大グラウンド

東洋大3ー3 法大(規定により9回引き分け)


 この日同点弾を放った斎藤


木村はマルチ安打の活躍


先発の野木は三回無失点の好投を魅せた


   夏季オープン戦第2戦目となったこの日の相手は法政大学。三回に矢吹(総1=聖光学院)、四回に諏訪(総3=浦和学院)の適時打で計2点を先取。しかし五回にオープン戦初登板となる大川(総3=成田)が二塁打を放たれ同点に。さらに七回、連投となる八木橋(法1=小山南)の制球が定まらず二者連続四球で逆転。しかし最後は、3対3の引き分けで幕を下ろした。


   スコアボードに0が並ぶ両者一歩も譲らない戦いは三回の裏に突入する。点を先取した方が流れをつかむという緊迫した状況下。先頭打者の納(法3=智弁学園)が右前に打球を運び出塁する。ここで迎えるは初回に左前安打を放っている木村(総2=霞ヶ浦)。自身のバッティングフォームを試行錯誤するなかうまくタイミングを合わせ球は中前へ。この日マルチ安打の活躍を魅せつけるも「たまたま良いところに飛んでくれただけです」と自身のバッティングにまだ満足はしていない。つづく矢吹も左前へと安打を放ち、納が好走塁で本塁へ帰還しこの日初得点を挙げた。


   1点ビハインドで迎えた7回裏一死走者なしの場面。夏の日差しが照りつけるなか打席に立つのはこの日初打席の斎藤(法3=東洋大牛久)。「前のバッターに対する球を見て狙い球を絞った」とインコースのまっすぐをうまく捉えライトスタンドへと運んだ。これが試合を引き分けへと持ち込む同点弾に。斎藤は「ファールかと思ったけど入ってよかった」と胸をなでおろす。またスタンドで見守る多くの観客も「よくやった」と声を揃え背番号4を拍手で迎えた。自身も「これが東洋大牛久魂です(笑)」と笑顔で振り返った。


   先日9日に誕生日を迎えた斎藤。この同点弾が21歳初アーチとなったが浮つくことなく「一本でも多く打てるように必死にやるだけなんで」と今後へ向けて強く意気込んだ。この一打は自身の成長の糧となる大きな一歩になったに違いない。まだまだ続くオープン戦でのこの男のさらなる活躍に期待が高まるばかりだ。


TEXT=谷口遥菜   PHOTO=谷口遥菜、川口朋珠