Article

記事


2020.07.30
その他

第703回 ありあまる、、、 執筆者・鈴木拓磨

 こんにちは。ラクロス、アーチェリー、卓球、射撃、柔道、空手道を担当させていただいている鈴木です。新型コロナウイルスの影響受け、今まで通りの生活をできない日々が続いていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。コロナの影響でこのまま卓球部のほうが引退になりそうだということを書こうと思ったのですが、暗くなりそうなので音楽についてお話ししようと思います。


 もしかしたら過去に書いたことがあるかもしれませんが私は昔、管弦楽部でチェロを担当していたことがあります。厳しい講師の指導が苦手で部活はあまり好きではありませんでしたが、音楽を好きになったきっかけでもあります。楽器はずっと好きで運動部になってからも弾いていたのですが、寮にいる間弾けないのが残念だなと思っていました。というのも寮は相部屋なので音楽を流しっぱなしにしたり楽器を弾いたりすることが難しい環境です。そもそもチェロは大き過ぎるし、上手くもないのにガチ感が出てしまうので持ち込む勇気すらないのですが、、、。一応ギターをやっている人は他の寮生にいるのですが音漏れで近隣から苦情が来ます。どうにかして楽器をやりたい私は、考え抜いた末にイヤホンを付ければ音が漏れない中古の電子ピアノを格安で購入しました。ちょうど去年の夏くらいに購入し、こそこそ弾き始めました。ピアノはチェロと楽譜の読み方が異なるためかなり苦戦し、鍵盤の位置も手元を見ないと分かりません。ただ、私には東京事変の曲を弾くと言う野望があるので「ありあまる富」という曲の楽譜を最近購入しました。一応初級者用の楽譜なのでスポトウや部活ができない期間中挑戦してみようと思います。

最後にありあまる富の歌詞が良い感じなので一部紹介したいと思います。


もしも彼らが君の何かを盗んだとして 

それはくだらないものだよ 

返してもらうまでもない筈 

何故なら価値は生命に従って付いている

ほらね君には富が溢れている


例年通り活動できなくてもスポトウがやってきたことは価値のあることだと思っていますので再開までもう少し頑張りましょう!