Article

記事


2020.10.06
硬式野球

[硬式野球]ルーキー・宮本が公式戦初スタメン入りで猛打賞!さらなる成長に期待大

東都大学野球秋季1部リーグ戦・立正大1回戦

10月6日(火) 神宮球場

●東洋大4-6立正大


*感染拡大防止のため非対面での取材を行っています

*監督コメント、試合写真は中大スポーツ提供


猛打賞の活躍を見せた宮本(中大スポーツ提供)

内野安打で出塁し笑顔を見せた(中大スポーツ提供)


期待のルーキー・宮本(総1=大阪桐蔭)が躍動した。この日、1番・中堅手で大学公式戦初のスタメン入りを果たすと、緊張感を感じながらも「攻めるだけだ」と気持ちを奮い立たせて初回の打席へ。持ち味の力強いスイングで相手のエース・糸川の投球を捕らえ出塁し、スタメン初出場かつ初回の先頭打者という重圧のかかる場面ながらも大学初安打を記録した。その後、瀬川(総3=聖光学院)の犠打、松本(営2=龍谷大平安)の右前への適時打で生還し1点を獲得。これまで停滞気味だった打線に火をつけた。

宮本の勢いは止まらない。三回には相手の変化球を中前に運びチームを鼓舞。五回には2ストライクに追い込まれるも必死にくらいつき内野安打で出塁。続く松本の適時打によってホームへと帰還した。

猛打賞の大活躍に「自分なりの野球が出来てよかった」と手応えを語った宮本だったが、チームはタイブレークまでもつれ込む接戦を制することができず、勝利のヒーローはお預けに。

「勝ち切れなかったので悔しい」と宮本。「とにかく一勝して勢いに乗りたい」と意気込むルーキーは、「もっと変化球への対応と速い真っ直ぐへの対応の精度を上げていかないといけない」と課題を見つめている。更なる成長を図るルーキーが旋風を巻き起こす。今後の活躍に期待だ。


■コメント 

・宮本(総1=大阪桐蔭)

(今日の試合を振り返って)スタメンで出て緊張はしましたが自分なりの野球が出来てよかった。勝ち切れなかったのが悔しいです。攻めるだけだと思って積極的にやろうと心がけました。見て見てじゃなくて自分から仕掛けて振っていこうと思いました。とにかくコンパクトに早く振ることだけを意識して打席に入りました。

3本目のヒットはラッキーヒットみたいな形になりましたが、振っていった中で結果が出たのでそこはいいと思いました。

(課題は)相手投手の変化球のキレも良かったですしこれが大学野球だなと感じることが出来ました。もっと変化球への対応と早い真っ直ぐへの対応の精度を上げていかないといけないと思いました。

(持ち味は)スイングが持ち味だと思います。(目標の選手は)西武ライオンズの森友哉選手です。(次回に向けて)とにかく一勝して勢いに乗りたいです。


TEXT= 加藤勇大