Article

記事


2022.04.14
準硬式野球

[準硬式野球] 最大5点差をひっくり返して連勝

令和4年度東都大学準硬式野球秋季リーグ戦3部・亜細亜大1回戦(記録、写真、コメント)

4月11日(月) 獨協大学グラウンド

○東洋大8-7亜細亜大



亜細亜大
東洋大×


二塁打:長尾(四回)


加藤、舩津、黒岩-古源


4安打と大活躍だった本多


中盤、攻撃にもリズムをもたらした舩津

(写真提供:東洋大学準硬式野球部)


■コメント

・杉本(ラ3=一宮)学生監督

(初戦から日が空きましたが)試合勘についての不安は多少ありましたが、逆に休養できたとプラスに捉えて試合に臨めたので良かったです。(最大5点差の逆転劇は)打者陣ももちろんですが、船津、黒岩の素晴らしいリリーフがあったからこその逆転だと思っています。(次戦へ向けて)負けられない試合が続くので万全の準備をして挑みたいと思います


・本多(ラ4=沼田)

(初戦に続いての逆転劇は)ピッチャー陣がいつも頑張ってくれている中、今日は先発の加藤が苦しい登板となってしまい、なんとか救いたいと思っていたので勝ててよかったです!(4安打については)いい当たりのヒットは少なかったのですが、積極的に打ちにいけていることが4安打につながったと思います。(修正点や課題点は)一球で仕留められるように準備することと試合を通してやるべきことを徹底することです!


・舩津(ラ3=高輪)

(投球を振り返って)負けていたので、野手陣に打ってもらえるよう、守備の時間を短くしようとテンポを早くすることを意識して投げることが出来ました。(三回以降の投球は)三回の失点は打球がいい所に落ちたので、打ち取っていたと言い聞かせて切り替えることが出来ました。(次回への修正点は)左打者への攻めが一辺倒になってしまって終盤捉えられたので、右左関係なく変化球でカウントをとれるようにしたいです。



※ 新型コロナウイルス感染症への対策により、現地での取材は行っておりません。