Article

記事


2022.06.21
硬式野球

[硬式野球] 勝負を決定づけた! 石上泰が満塁で神宮の空に初アーチ 

東都大学野球春季1部2部入替戦・中大1回戦

6月20日(月) 神宮球場

〇東洋大8-4中大


満塁本塁打を放った石上泰


初球を振り抜いた


仲間と喜びを分かち合った


この日のヒーローは間違いなく石上泰輝(営3=徳島商業)だろう。五回に試合を決定づける満塁本塁打を放ち、気温30度超えの神宮球場をさらに熱気に包んだ。


 初回から右前打で出塁したものの、盗塁失敗で流れを悪くしてしまった。それでも五回、同期の後藤聖(法3=京都学園)と橋本吏(総3=花咲徳栄)の2連打で先制すると、松本渉(営4=龍谷大平安)と水谷(営3=龍谷大平安)が四死球を浴び、この日初の満塁に。この大チャンスに石上泰がバッターボックスに立った。


 制球が乱れ始めた先発の西舘(中大)を決して逃さなかった。初球から振りぬいた打球は、神宮の青空へと上がりライトスタンドへ。この一発にベンチからは「入った!」と選手たちが表に飛び出し、一塁側は喜びに満ち溢れた。打球の行方を見届けた石上泰は、大きく飛び跳ねガッツポーズを掲げながら、ダイヤモンドを一周。本塁に戻ってきたヒーローを小口(法4=智弁学園)主将が満面の笑みで出迎え、歓喜に沸くナインとハイタッチ。先発の細野も石上泰の援護に安堵の表情を見せた。


 今季は全試合で3番を務め、主にチャンスを作り出す役目を担った。そのため、打点を稼ぐ他のメンバーの陰に隠れていたものの、今季の打率は3割超。守備は精彩で、際どい当たりにも即座に反応し、数多のピンチを救ってきた。また、走塁では積極的に相手を攻め込んだ。まさに、走攻守揃った選手に大成長し、チームの勝利を背後から支えてきた。


 しかし入替戦前のオープン戦ではバッティングと守備に綻びが現れ、「自分のスイングが出来ない。守備もバットも不安」と苦境に陥っていた。そのため、「とりあえずチャンスで小口さんに回せるように」とあくまでも脇役に徹する姿勢を見せていたが、チームの運命を占う大舞台でついに主役の座に躍り出た。


 公式戦初本塁打と初の満塁本塁打を入替戦の舞台で同時に成し遂げた。次戦で確実に1部へ返り咲くために、どんな状況でも出塁を目論む石上泰から目が離せない。


■コメント

・石上泰(営3=徳島商業)

(五回の打席は)ゲッツーだけは打たないように、最悪外野フライでいいかなって。また、初球から打っていこうかなって。(球種は)スライダーです。(感触は)入るとは思っていなくて、タッチアップには十分な距離だなって。そしたら伸びてくれたんで。(満塁ホームランは)生まれて初めてです。公式戦でのホームランも初めてです。高校時代は11本でした。



TEXT=宮谷美涼 PHOTO=宮谷美涼、一ノ瀬志織