Article

記事


2022.09.14
硬式野球

[硬式野球] 細野痛恨の押し出しで今季初黒星 打線も2安打と次に不安残す

東都大学野球秋季2部リーグ戦・立正大1回戦

9月13日(火) 大田スタジアム

●東洋大1-2立正大



東洋大
立正大×


二塁打:石上泰(四回)、水谷(六回)


●細野(1敗)ー後藤聖


・打者成績

打順守備名前
(中)橋本吏(総3=花咲徳栄)
(左)水谷(営3=龍谷大平安)
(遊)石上泰(営3=徳島商業)
(一)小口(法4=智弁学園)
(指)花田(総1=大阪桐蔭)
(二)宮下(総1=北海)
(左)大髙(営3=常総学院)

左打矢吹(総4=聖光学院)
(捕)後藤聖(法3=京都学園)
(二)加藤響(総2=東海大相模)


27 


・投手成績

名前球数四死球三振
細野(総3=東亜学園)1362102



押し出し四球で決勝点を献上し、悔しがる細野


同点の適時打を放った水谷


花田の空振り三振で試合終了となった


初週2連勝を飾り、このまま勢いに乗りたい東洋大ナイン。しかし、細野(総3=東亜学園)の粘りに野手陣は応えられず、接戦の末、黒星となった。


 先発の細野は相手投手と共に3回まで無安打と、序盤から白熱した投手戦を展開する。試合が動いたのは四回。1死一、二塁のチャンスを作るも、花田(総1=大阪桐蔭)が併殺打に打ち取られ得点には結びつかず。迎えた相手の攻撃で、右前打と四死球で1死満塁のピンチを作り出すと、次の打者の二ゴロ間に生還を許し、先制点を献上した。


 細野は1点を失ったものの、その後は走者を背負いながらも要所を抑え、耐え凌ぐ。援護したい打線は六回、再びスコアリングポジションに走者を置き、打者は水谷(営3=龍谷大平安)。放たれた打球はレフトへの適時二塁打となり、同点に。水谷は二塁上でガッツポーズを掲げた。そのまま勢いに乗りたい場面だったが、後続は打ち取られ逆転とはならなかった。


 一方で、四死球に苦しんでいた細野は八回に大きな山場を迎える。2四球と申告敬遠で1死満塁に。次を空振り三振に仕留め2死としたが、「大事にいきすぎてしまった」と、フルカウントから痛恨の押し出し四球で勝ち越しを許す。細野は「一番やってはいけないことをした」と試合終盤の痛い失点にマウンド上でうなだれた。


 なんとか勝利を手繰り寄せたい打線に最後のチャンスが訪れる。九回、1死から石上泰(営3=徳島商業)が暴投で出塁し、ここで主将の小口(法4=智弁学園)。しかし、一打で中飛に打ち取られ、後続に望みをつなげず。次の花田は3球三振となり、ゲームセット。花田は悔しさをあらわにした。


 7日に高橋前監督が亡くなり、選手たちは杉本監督が付けた喪章を身につけ、試合に挑んだものの、大事な局面で敗北を喫(きっ)した。「まだ勝ち点を落としたわけでない」。ここでしっかりと切り替え、次の試合に向かう。



■コメント

・杉本監督

(高橋前監督が亡くなってから最初の試合でしたが)亡くなられて、最初の練習の時にみんなで黙祷させていただいて、今の東洋大学があるのは高橋前監督の功績というのを胸に、またここから頑張っていこうと。(喪章は監督が)1人1人針と糸でつけました。40人分くらいだと思います。(細野投手のボールが高めに浮く場面が多かったが)この間の試合もそうなんですけど、ヒットじゃなくてフォアボールで、今日の2点目もそう。野手の方は何もできずにそのまま点が入ってしまうので。(打線もなかなかつながらなかったが)自分の中ではそこのところの指示をしたつもりではいたが、ちゃんと伝わっていなかったかなという感じはしました。膠着したゲームになってしまったなと思います。(打線についての指示とは)事前に相手ピッチャーのビデオを見て、配給もその通りに来ると想定して指示を出していましたが、今日はそれが上手くいかなかった。(初の黒星について)勝ち点制なので、そこのところの1敗、2週目で1回負けた、という捉え方をしたいと思います。今日帰って切り替えて、また明日を迎えたい。


・小口主将(法4=智弁学園)

(試合中どのような声かけをしていたか)なかなかチャンスも作れず、点も取れず、ヒットも出ずという感じだったので、とりあえず雰囲気を落とさず、まず1点どこかでチャンスを狙って取っていこうと話していました。(高橋前監督について選手間では何か話したか)試合前に杉本現監督から1人1人に喪章を付けていただいて、それを付けている意味を考えて戦おうと話しました。(明日に向けて)まだ勝ち点を落としたわけではないので、今日やられたので明日絶対やり返すという気持ちで臨みたいです。


・細野(総3=東亜学園)

(今日の投球を振り返って)一発がある打者が多く大事に行きすぎてしまった。(今日の調子は)まっすぐ自体は良かったです。(何回まで投げる予定でしたか)行けるところまでと言われていたので最後まで行くつもりでした。(八回は四球での押し出しとなりましたが)一番やっちゃいけないことをしました。(次戦に向けて)もう絶対負けません!


TEXT=成吉葵/PHOTO=宮谷美涼、ペリッジ琴マーガレット