Article

記事


2022.09.07
硬式野球

[硬式野球] 「最後に一本打ちたかった」水谷が同期の細野へ捧げる2点ダメ押し本塁打

 東都大学野球秋季2部リーグ戦・東農大1回戦

9月6日(火) 神宮球場

〇東洋大7-2東農大


本塁打を放った水谷


笑顔を見せた


細野とグータッチを交わした


この日、最後に見せ場を作ったのは、水谷(営3=龍谷大平安)の2点本塁打だった。


 九回、9番の加藤響(総2=東海大相模)が本塁打を放ち、再びエンジンをかけたすぐ後の出来事だった。


 同じ外野を守る橋本吏(総3=花咲徳栄)が右前打と盗塁で二塁とし、チャンスを広げると、「最後一本打ちたかった」と水谷が打席に立った。「感触は完璧だった」とバットを振り抜き、打球を右翼スタンドに運ばせた。1イニングに2発もの本塁打にベンチは大盛り上がり。試合後は「風のおかげかな」とクールに振り返ったものの、大学初本塁打となった水谷は頬をほころばせながら、眩しい日差しが照らす神宮球場で輝きを放った。


 この一撃は、直前の八回に制球が不安定だった細野(総3=東亜学園)に安心感を与えるダメ押し弾に。細野は同期の活躍にニンマリ。そして、還ってきた橋本吏と水谷とグータッチを交わした。


 今年の春から右翼のレギュラーに定着。フルスタメンで出場した春季リーグ戦は、思い通りのバッティングが出来ずに、打席上で感情を爆発させることも多く、悪いムードをベンチに持って帰ってくることも数知れず。それでも「夏から変わった」と小口主将が語るように、打席では落ち着きが見られ、その影響からか、この夏のオープン戦では、複数回の本塁打を放ち、確実に実力をつけていた。


 また、思うような活躍は出来なくても、常にライトから投手に声を出し、球場に自分の声を響かせ、声が枯れた時もあった。もちろん、内野を守る後輩にも大きな声で守備の声掛けを行い、相手のムードに持ち込ませないよう外野からチームを見守っている。


 この日も守備でファインプレーを見せ、細野を救う場面も見受けられた。野球に対する姿勢を改めた水谷は、チームに貢献できなかった春のリベンジを果たすため、どんな場面でもチームを鼓舞し続ける。


■コメント

・水谷(営3=龍谷大平安)

(今日の試合振り返って)最後一本打ちたかったって感じ。(感触は)ほぼ完璧。(入って)まあ、ちょっと風かな。(調子いいように見えましたが)いや、そんなことないよ。(オープン戦でも本塁打打ってましたが)まあ、普通やねん。(2番を打ってますが)気にしてない。僕が状況に応じて打つだけ。(今後に向けて)もう優勝しかない。


TEXT/PHOTO=宮谷美涼