Article

記事


2022.09.07
硬式野球

[硬式野球] 加藤響ついにブレイクか!? 大学初本塁打で今後に自信をつける

東都大学野球秋季2部リーグ戦・東農大1回戦

9月6日(火) 神宮球場

〇東洋大7-2東農大


ベンチに戻った加藤響は一番の笑顔を見せた


積極的に振り抜いた


ガッツポーズを掲げながら、ダイヤモンドを駆け巡った


この日、東洋大からは3本の本塁打が飛び出たが、2本目は九回に加藤響(総2=東海大相模)から出た一発。今まで不調気味だった彼がついに大学初本塁打を放った。


この日、先発の細野(総3=東亜学園)が四球で走者を出しながらも、併殺で0点に抑え、拍手が沸いた後だった。1死からバッターボックスに入ったのは、今夏から9番に入っている加藤響。一打席目から「積極的に振る」姿勢を見せ、その時を伺っていた。


 そして、ついに第四打席目、芯に当たった打球をセンターのバックスクリーンに叩き込んだ。「伸びるかなとは思ったけどまさかホームランになるとは」。自分の打球を見届けた加藤響からは笑みが溢れ出た。


 1年春から、スタメンに抜擢。2年春のオープン戦では4番に座ったものの、「打たなきゃいけないという気持ちが強かった」と6番に打順を降ろされた。そして、チームが勝つことを最優先に考えていた本番の舞台。「勝ちにつながる一本を打てるように」と必死にもがき続けたものの、「調子が悪いと、振りにいけず攻められない」。チャンスを自分のバットで潰し、「自分がもっと打ったらチームも楽に勝てたのに」と仲間の思いを背負いながら、葛藤し続けた。


 しかし、どれだけ不振に陥ったとしても、指揮官は加藤響をスタメンから外すことはしなかった。堅実な守備を評価され、「バッティングが追いついてきたら、スーパースターになれる」と加藤響の活躍を心待ちにしていた。


 「監督が期待して、使い続けてくださっているから、期待に応えなくては」。今まで苦労してきた経験がついに実を結び始めた。春の反省から、「若いカウントから振りにいく」ことを意識したこの夏。今度は9番に身を置き、「今までで一番調子がいい」と、ようやく思うような成績が残せるように。暑さに苦しむチームに風を吹き込んでいた。


 「勝てなかったら4年のせい」と小口(法4=智弁学園)主将が作り上げた今年のチーム。下級生がのびのびとプレー出来る雰囲気のおかげで、加藤響を含む後輩たちはこの夏、躍進を遂げた。「春打てなかった分取り返す」。打撃不振の苦しみはもう充分味わった。この苦難を乗り越え、夏に自信をつけ、待ち望んでいたこの秋。これからも仲間を助ける一打を放ち、東都ファンに存在感を見せつけてほしい。


■コメント

・加藤響(総2=東海大相模)

(今日の試合を振り返って)今日は、結構厳しい試合だったんですけど、自分はとりあえず積極的に振りに行こうって思ってたんで。その結果がホームランにつながったかなと思います。(オープン戦では活躍してましたが)積極的に振っていくっていうのは、自分の中で決めていたので。それがリーグ戦でもできたんで。(感触は)芯だったんで。伸びるかなとは思ったんですけど。まさかホームランになるとは思わなかったので嬉しかったです。(9番はいかがですか)9番って気にしてないんで。次のバッターにつなげようとも意識してるんで。打順は気にしてないです。(細野投手の投球は)ピッチャーがたくさん夏も投げてて、厳しいと思うので。自分たちでしっかりカバーして、チームが一丸となってやれるように。


TEXT=宮谷美涼/PHOTO=宮谷美涼・青木智哉