Article

記事


2020.09.19
硬式野球

[硬式野球]開幕直前9日間連続インタビュー~待ち焦がれたこの瞬間~ 第6日目 諏訪賢吉内野手

   度重なる苦境に立ち向かい、いざ逆襲のときを迎えた戦士たち。新型コロナウイルスの影響で春季リーグ戦の中止や練習もままならないなか、なにを考えどう秋季リーグ戦に臨むのか。日本一を目指す彼らの想いを9日間にわたってお届けする。


※感染症拡大予防のため、オンラインでの取材をもとに作成しています。


   第6日目は「恩返し」を今季のテーマにかかげる諏訪賢吉内野手(総4=浦和学院)。周りの声援を力にかえる熱い男の想いにせまる。(取材日・9月3日、聞き手=谷口遥菜)


--春季リーグが中止になったときの率直な心境は

僕ら4年生にとって春季リーグは一番大事なものなんですけど、それが中止になってしまって言葉にできないというか…。本当に残念な気持ちでした。率直にはモチベーションは上がらなかったですね。


--寮が閉鎖になり、地元に戻ったとお聞きしましたがその際の練習などは

寮に戻ってくる時期が詳しくは分かるまでの最初の期間は、今までやってきたことのふり返りを主に行なってました。常に細かいところを意識してチェックしながら練習してた形です。

最初予定されていた時よりもその期間が延びるって分かってからは、細かいところではなく大きい部分を。筋肉であったりそういう土台の部分をまた一から作り直そうと基本に返って取り組んでました。


--ご自身にとって今回の自粛期間はどういう時間であったと感じましたか

めちゃめちゃプラスでしたね。正直リーグ戦がなくなって落ち込む時期もあったんですけど、まだこれからがあるということを常に考えて。そう考えるとこれは僕にとってプラスになれる部分じゃないかなと思えたので、切り替えて積極的に取り組みました。


--では前向きに捉えることができたということですね

そうですね、前向きに捉えられました。家族や周りの方々からも「まだチャンスあるよ」って声をかけていただいて。そういった声援が僕にとって本当に大きな力でしたね。


--寮に戻ってから練習に対する意識というのは

まずけがしないようにというのを一番に考えていました。みんなと会えたり、また自粛期間とは違った環境で野球できるってなると、体も自分の考えとは無意識に動いてしまう部分があると思ったので。とりあえず1、2週間はけがしないように。どんどんペースを上げていくというよりもじっくり焦らずにという面に意識をおいて取り組みました。


--ようやくオープン戦など対外試合も再開してきましたが、調子はいかがですか

結構夏に僕の体は調子が上がってくるタイプなので(笑)。バッティングだったり、自分の思い通りに調子良く動けてると思います。


--久々に相手がいる状態での打席だったり練習に対しての気持ちは

一番最初に村上(総4=智弁学園)とシート打撃を練習でやったんです。そこで勝負できたときは、本当にめっちゃ楽しかったですね。野球やってるな〜、楽しいな〜って。そういう気持ちで練習できていました。


--村上投手を相手に結果はどうでしたか

「よっしゃ、村上か〜」という気持ちと「うわ、村上か〜」という気持ちが7:3ぐらいで(笑)。でもやっぱり「やった!頌樹(村上)と実戦できる」って思いましたね。その時もいい当たりが出たり、自分の中でも納得がいく形でタイミングとかもとれてたので。自粛期間よかったなってそこでまた感じました。



--そしていよいよ秋季リーグが始まりますね

もう楽しみしかないですね。自粛期間もそうなんですけど、やっぱり野球って難しいなって思った部分もあるので。難しさを逆に楽しめるように。僕も4年生でラストシーズンですし、気を張りすぎるというよりも単純にみんなと野球を楽しもうというのは自分の中であって。


--ラストシーズンということで何か特別な想いなどは

3年生の頃から試合に多く出させてもらっていて、4年が春中止になって少し心残りもあるんですけど…4年間自分の中で成長できた部分は数多くあるので、その感謝の意味も込めて「恩返し」っていうことをテーマに秋季リーグに臨みたいと思います。


--また、副将として挑むシーズンですが意識していることはありますか

後輩につなげるということですね。後輩に東洋が強くなるために伝えなきゃいけないことがたくさんあると思うので。自分は試合中もそうですけど、率先して声を出したり後輩にアドバイスをしたり声かけて練習に誘ったりという面を意識して常に取り組んでいます。


--その中でもよく一緒に練習している選手は

瀬川(総3=聖光学院)とか石上泰(営1=徳島商)、芦名(総3=木更津総合)にはよく声をかけてノックやろうって一緒に練習したりしてますね。バッティングはその日気付いた選手にこうした方がいいんじゃないかってアドバイスしたりしてます。チームスポーツなので周りを見て、気づいたことがあったら頻繁に言うようにしてますね。


--リーグ戦で楽しみな選手、キーマンを教えてください

瀬川ですかね。オープン戦では2番を打っていて、その打順的にもつなぐ役割だったりが必要なんです。でもまだ瀬川は自分自分っていう気持ちで打席入ってしまう部分があるので、その部分を消して泥臭くチームのために自分を犠牲にできる一本っていうのを期待しています。


--チームの目標というのは

優勝して、明治神宮大会に出ることですね。それと僕個人の願いとしては、村上を打席に立たせたいなって思ってます(笑)。リーグ戦だったり野手が迷惑をかけてしまったり、4年間村上には本当お世話になったので…。バッティングは難しいんだぞっていうことを頌樹(村上)に伝えられるように(笑)。そのために明治神宮大会に出て、打席に立たせたいと僕は思っています。


--それは確かに見たいですね(笑)

そうですよね。村上がよく言ってるんですよ、「俺のが打てるぞ」「俺をDHで出させろ」って(笑)。それに対して僕はバッティング難しいよって毎回言ってるんですけど、「1本ぐらい打てる」って返されるので実際はどうなのかなって。それを明治神宮大会で見たいので優勝します(笑)。


--去年の秋終わりの取材では出塁率にこだわっていると言っていましたが

今は出塁率に加えて、得点圏打率も意識してます。監督にもそれを求められているので。先頭でチャンスメイクするのももちろんですけど、最近は中軸としてチャンスで回ってくることも多いのでその打席で必ずランナーを返せるように。打点っていうのを自分の中で今年は意識して挑んでいきたいなと思っています。


--ではそれを踏まえて個人の目標は

首位打者とベストナインがとれるように頑張ります。

 

--最後にラストシーズンにかける思いを教えてください

全国制覇をしたことがないのでそこが1つの目標ですし、学生最後のシーズンなので想いを強くもってみんなとチーム1つになって勝ちにいけたらなと思います。


~連続インタビュー一覧~

第1日目:水谷祥平外野手「野球を楽しめている」〜先輩の背中を追うルーキー〜

第2日目:廣岡隆成捕手~ピッチャーを助けてチームを勝利に導くキャッチャーに~

第3日目:松本渉外野手「目標は首位打者」〜2年目のさらなる飛躍へ〜

第4日目:木村翔大内野手  「完全優勝を目指す」~チームを勢いづける選手に~

第5日目:小林直輝内野手「悔いの残らないように」~ラストイヤーでさらなる飛躍を~

9月20日 小川翔平内野手

9月21日 村上頌樹投手

9月22日 山崎基輝捕手