Article

記事


2020.09.21
硬式野球

[硬式野球]開幕直前9日間連続インタビュー~待ち焦がれたこの瞬間~ 第8日目 村上頌樹投手

   度重なる苦境に立ち向かい、いざ逆襲のときを迎えた戦士たち。新型コロナウイルスの影響で春季リーグ戦の中止や練習もままならないなか、なにを考えどう秋季リーグ戦に臨むのか。日本一を目指す彼らの想いを9日間にわたってお届けする。

※感染症拡大予防のため、オンラインでの取材をもとに作成しています。



第8日目はプロ志望届を提出し夢の舞台へと挑戦する、絶対的エース・村上頌樹(総4=智弁学園)。OBたちのプロでの活躍に「自分もその舞台に立ちたい」と熱く語る男が、ラストイヤーにかける思いを明かした。(取材日・9月3日、聞き手=加藤勇大)


ーー新型コロナウイルスの影響で春季リーグや練習が中止になりましたが心境はどうでしょう

そうですね、いっぱい休憩できたんであんまり悪いなとは思わなかったです。


ーー自粛期間中はどのような練習をしましたか

地元に大学の後輩で1年生の淡路島出身のやつがいたので、そいつと一緒にいつも練習してましたね。重点的に練習したのがフォームチェック。長い期間だったので、もう1度一から見直そうっていう。フォームは見た目的には変わっていないと思うんですけど、体重移動であったり下半身を意識したようなフォームにしましたね。


ーー淡路島出身の選手が入学したのですね

阿萬田(営1=津田学園)っていう後輩なんですけど、家も結構近くて一緒に練習してました。練習中もよく話したりしますね。大学の練習のことであったりとか、そんな堅苦しくなくゲームの話をしたり。


ーー寮に戻って変化はありましたか

めっちゃ新型コロナウイルスに対するケアとかしてます。たとえば消毒したり。


ーー現在の練習内容はどうでしょう

自分的にはあんまりよくないなとは思っているんですけど、まだリーグ戦までに時間があるので徐々にゆっくりと調子を上げていければいいなと思います。

チームもこの9月入ってからもっと調子あげていければなと。雰囲気的には悪くはないと思うんですけど、ここ一番っていう一本があんまりでなかったりって感じです。


ーー現在練習で意識している部分を教えてください

打者との対戦が自粛期間でできなかったので、試合勘を取り戻すっていうところが一番なのと、実戦でのコントロールっていうのを意識していますね。


ーーコンディションは大体何割ぐらいでしょうか

大体6割ぐらいですね。徐々に試合勘が戻ってきたっていうのと、ちょっとずつ自分の投げたいと思っているところにコントロールできてるような。それが今いい感じに来ていると思うので。



ーー1年生と一緒に練習してみていかがでしょう

一番上になったっていうのを改めて実感しましたし、もっとちゃんとしないといけないなって思いました。


ーーリーグ戦目前ですが調整しているところはありますか

一番は試合勘、まだ戻りきってはいないので。あとは、コントロールであったりまっすぐの質であったり色々もっと調子を上げていかないとなって思います。


ーー今季がラストシーズンとなりますが、そこにかける思いを教えてください

ラストシーズンてことで4年生の力が試されると思います。4年生が最後の集大成を後輩たちに見せれるようにやっていければいいなと思いますね。


ーー村上選手から見て今季キーマンになりそうな選手は誰でしょうか

打であったら4年生じゃないですかね。やっぱり秋は最後のシーズンですし4年生が最終的にはキーマンになると思います。ピッチャーであったらやっぱり大宮(法3=鳥取城北)ですね。調子もいいですし、気持ちを前面に出すところがいいところです。


ーー初戦の相手は中大ですね

いいバッターが揃ってますし、初戦を落とすとチームの流れも落ちてしまうことも考えられるので、初戦は大事にしていきたいです。自分がしっかり0に抑えられれば負けないんでそこを突き詰めていきたいです。


ーー特に意識している対戦校や選手を教えてください

やっぱり中大を一番意識していますね。牧、五十幡、内山とかいいバッターがいっぱいいるんで。優勝候補って言われているのでやっぱり倒したいですね。


ーー勝率制に変わりましたがどのように戦っていきたいですか

勝率制で3戦目までがないので自分も1カード1試合で終わる可能性があるので、1試合に全力を出し切りたいと思います。


ーーそれでは今季の目標を教えてください

目標は防御率0点台っていうのを目指しているんでそこは狙っていきたいですね。最初から0を積み重ねるっていうのを意識しています。



ーーまたリーグ戦期間中にはドラフト会議もあります。現在の心境をお聞かせください

近づいてきてちょっと緊張もしますね。ここでもっと結果を出していければ選ばれる可能性も高くなると思うので、しっかり結果とか自分の持っている力を秋のリーグにしっかり持っていけたらと思います。頑張っていきたいです。


ーー改めてアピールポイントを教えてください

自分のアピールポイントはコントロールだと思うので、そのコントロールを活かして試合を作るっていうのが特徴だと思う。そこはリーグ戦でもしっかり見せていきたいなと思います。


ーープロで活躍するOBの方々が数多くいますが

都志也さん(佐藤、R1年度法卒=千葉ロッテマリーンズ)であったり中川さん(H31年度法卒=オリックス・バファローズ)も出てたり、知っている人がプロ野球の世界で活躍しているのを見ると刺激になりますし、自分もその舞台に立ちたいっていう気持ちは強くなりますね。


ーー佐藤都志也選手とは昨年バッテリーを組んでいましたが何かアドバイスなどはもらいましたか

言われたのは「まっすぐの質が違うから真っすぐを磨いた方がいい」っていうアドバイスをもらいました。


ーー最後に試合への意気込みをお願いします

入れ替え戦もないですし、自分にとってラストシーズンなので伸び伸びと自分の力を発揮できるように。あとは落ち着いてそんなに気負わずやっていきたいと思います。


◇村上頌樹 (むらかみ・しょうき)

身長・体重:174㌢・76㌔

はまっているもの:炎炎ノ消防隊

登場曲で流したい曲:まだ決まってないです。きっとその時にはまっている曲だと思います。


~連続インタビュー一覧~

第1日目:水谷祥平外野手「野球を楽しめている」〜先輩の背中を追うルーキー〜

第2日目:廣岡隆成捕手~ピッチャーを助けてチームを勝利に導くキャッチャーに~

第3日目:松本渉外野手「目標は首位打者」〜2年目のさらなる飛躍へ〜

第4日目:木村翔大内野手  「完全優勝を目指す」~チームを勢いづける選手に~

第5日目:小林直輝内野手「悔いの残らないように」~ラストイヤーでさらなる飛躍を~

第6日目:諏訪賢吉内野手「想いをひとつに」〜前向きな姿勢で挑むシーズン〜

第7日目: 小川翔平内野手「やれることをやるだけ」〜チームの原動力へ〜

9月22日 山崎基輝捕手