Article

記事


2022.04.10
硬式野球

[硬式野球] ~いざ覚悟の春、再び聖地神宮へ〜12日間連続インタビュー第9日目・矢吹栄希外野手

昨季リーグ戦では多くの課題を見つけ、この冬レベルアップを図った東洋大ナイン。オープン戦を戦い多くの勝ち星をあげ、確実に自信をつけてきた。今季1部昇格に向けて、磨きをかけた彼らの覚悟の春が始まる。2部の開幕日まで硬式野球部の特集をお届けする


(写真提供:東洋大学硬式野球部)


第9日目は昨季大活躍を遂げた矢吹栄希(総4=聖光学院)外野手。プロの世界を目指すため、この春の目標に打撃三冠を掲げた。また副主将としてチームを支える彼が語る今のチームとは。


ーーこの冬取り組んだことを教えてください

ウエイトトレーニングだったり、一番は食生活の部分で食に対して、意識高く出来たかなと思います。


ーー食生活といいますと

軽く知識を入れて、寮の食事とは別にサプリやビタミン系で補いました。今はビタミンB群、ビタミンCとか、亜鉛とか。ビタミンが無かったら筋肉の合成が上手くされないので。


ーー以前のインタビューでは「フィジカル面を強くしたい」とおっしゃっていましたが

冬場は主にフィジカル面を鍛えたことが多かったかなと思います。だいぶ力強くなったと思いますし、野球の部分で活かされたと思います。


ーーこの冬野手陣で取り組んだことを教えてください

打たなかったら勝てないので、バッティングの部分では得点力アップという意味で、個々の打撃をアップすることを全員で意識してやりました。守備面ではエラーが多かったので、守備の強化を高めていこうという話をしていました。


ーー外野手陣ではいかがでしょう

一番は送球ですかね。やはり1点だったり、外野手は滅多にボールは来ないですけど、大事な1点であったり、そういう時に打球が来ると思うので、そういう時のバックホームであったり、送球の精度を高めようという意識でやっていました。


ーー矢吹選手自身の持ち味はなんでしょう

バッティングですね。追い込まれたら、バッターは負けみたいなもんなんで、追い込まれる1、2球前に勝負を決めるということを意識して、打席に立つようにしています。


ーーオープン戦での打席で意識していることは

打順的にもチャンスで回ってくることが多いんで。自分はチャンスの場面が好きで、楽しくなっちゃうんですけど、チャンスの場面が来たら自分が返したいという気持ちで立っていますし、先頭とかでも、なんとか次の1点のために、自分が出塁してつなげようという気持ちで立っています。


(写真提供:東洋大学硬式野球部)


ーー現在調整していることはありますか

リーグ戦は配球とか全てにおいてマークが厳しくなってくると思うので、調子を上げていければなと思います。


ーーチームの雰囲気が変わったように見えますが、実際いかがですか

全員が1部昇格という目標があり、ベンチに入っている全員が達成したいという気持ちがあるので。今年のチームスローガンも「全勝~圧倒~」なので、オープン戦も1試合も落とせないという気持ちでやっているので、チームの士気も上がっているのだと思います。


ーーベンチの雰囲気は

盛り上がりとかは以前とは変わんないと思うんですけど、的確な指示というか、野球をプレーしている中で、一人一人必要な指示が出せているので、そういう意味では全員がベンチも関係なく、試合に参加しているという感じはあります。


ーー矢吹選手から見た小口主将はいかがですか

あいつ自身明るいんで、チームの先頭に立っている人がそういう性格だとチームも明るく、前向きなチームになっているのかなと感じます。


ーー副主将として意識していることは

小口がキャプテンやってますけど、誰がキャプテンやってもいいと思ってますし、そのために副キャプテンがいると思っているので。そういう意味では小口に任せるんじゃなくて、自分らもしっかり責任感を持って周りを見ながら野球をすることを意識しています。もちろん、チームのことも考えますけど、自分のことも考えて、上手いバランスで出来ています。


(写真提供:東洋大学硬式野球部)


ーー矢吹選手から見た現在のチームは

オープン戦もほとんど負けてないですし、投手陣、野手陣のバランスもいい状態だと思うので。全員調子も上がっているのかなと思うのでいい状態で出来ているかなと思います。


ーー同学年で試合に出場する選手が多いですよね

みんな誰が出てもおかしくない状態ですし、投手野手関係なく頑張っている選手が多いので、そういう意味では自分の負けてられないなという気持ちで出来ています。


ーー今のチームの課題は

今年は厳しい戦いになると思います。1部昇格ということは入替戦もあり、一戦も落とせない試合も多くなるので、オープン戦も一試合も負けられないという気持ちを持つことが大事になってくるかなと思います。


ーー意識している対戦校は

もちろん全部なんですけど、戦力的に考えたら専修大学がレベルが高いかなと思っているので。絶対に落としたくないです。


(写真提供:東洋大学硬式野球部)


ーーこの春の数字的な目標を教えてください

打撃三冠を掲げているので、ホームラン4本以上、打率3割5分以上、打点は10を目標にしています。


ーーラストイヤーにかける思いを教えてください

自分らは最後の年になるので、日本一目指して、個人的には打撃三冠を目指します。そしてこの春の結果次第というところがあるので、自分の人生を変えるためにも圧倒的な結果を残したいと思います。


ーー最後に今季の意気込みをお願いします

今年は1部昇格出来るように、一戦も落とさず、全勝で2部リーグを勝ち抜きたいと思います。1部昇格して最後に秋で日本一を取るということが自分の目標で、自分らには手の届かない目標ではないので、絶対に達成できると思うので、その目標に向かって全員でやっていきたいなと思います。


◇プロフィール◇

矢吹栄希(やぶき・はるき)

生年月日/2000・11・9

身長・体重/178㌢・82㌔

地元・郡山の名物/酪王カフェオレ(全国共通の飲み物だと思っていた)

生まれ変わるなら/のび太 (なんでもしてくれる相方がいるので。人生楽しいだろうなと思って)

UVERworld で好きな曲/「えくぼ」


◇連続インタビュー一覧◇

第1日目 杉本泰彦監督  「したたかなチームに」

第2日目 加藤響内野手  「チームを勝たせられるように」

第3日目 松本憲信内野手 「野球部代表の自覚を持って」

第4日目 一條力真投手  「同期・後輩に負けないように」

第5日目 細野晴希投手  「絶対に点を取られない」

第6日目 松澤海渡投手  「ピッチャーリーダーとしての決意」

第7日目 後藤聖基捕手  「全勝させられるキャッチャーを目指して」

第8日目 石上泰輝内野手 「チームのために打点を挙げられるバッティングを」

4月11日 羽田野温生投手

4月12日 松本渉外野手

4月13日 小口仁太郎主将


◇2部開幕前特別企画◇

4月14日 3年外野手対談〜橋本吏功外野手・水谷祥平外野手・宮本涼太外野手〜

4月15日 ラストイヤーに向けて〜河北将太投手・渡邊友哉投手〜