Article

記事


2019.11.24
硬式野球

[硬式野球]~課題を見つけた実りの秋。再挑戦へ~15日間連続インタビュー第9日目・小川翔平内野手

 「なんとしても連覇を」。そう意気込み臨んだ東都大学野球秋季1部リーグ戦。昨年度の豪華メンバーをもってしても成し遂げることのできなかった偉業に挑むも叶わず。昇格後ワーストの5位と悔しい結果に終わったシーズンを振り返り、選手たちは何を語るのか。15日間連続スポーツ東洋独占インタビューでお届けする。


   第9日目は今季はスタメン6試合と自身最少ながら、ベンチでサポートに徹した部分もプラスに捉えられたと語る小川翔平内野手(法3=霞ヶ浦)。どんな時でも学ぶ姿勢を忘れないこの男が振り返る今季とは。(取材日・11月3日、聞き手=谷口遥菜)


ーー今季を振り返って

途中から出られなかったんで、悔しい部分は大きかった。だからその悔しさを来年必ず自分の力を発揮して晴らしたい。


ーー今季のスタメン出場はわずか6試合でしたが

こんなに出てないことは初めて。裏方の道具出しとか今までやってこなかった分、今回やったから大変さが分かった。出れない時の気持ちも分かったから逆に良かった部分もある。どちらかといえばプラスに捉えられたかな。


ーーベンチから見てて学んだことは

試合に出られるありがたさはすごく感じた。ベンチではタイミングの取り方とか、ベンチにいる分色々なところを視野広く見られるからそういうところは学べたかな。


ーー立正大2回戦ではマルチ安打を放ちましたが

バッティングが良かったわけじゃなくて、あれはたまたまっていう感じ。調子がよくて出たわけじゃないから満足していない。


ーー駒大戦では初めての代打出場

変化球狙っててたまたま来たから打てたっていう感じ。代打も初めてで難しかったけど、ダメ元でいったらヒットにつながった。スタメンで出たら4打席ぐらいはあるけど、代打は1打席しかない。その1打席しかない分、狙い球もしっかり決めなきゃいけない。力みとかもあったり、かなり難しいって感じた。


ーー打撃での課題はなんですか

今までは達成できたと思っても調子悪くなるとまた戻ってしまったり。定着まで行かないで、つかみ切れてないっていうところがあった。今年の課題っていう面で言えば、打ち損じが無いような打撃を心がけてる。バッティングは監督から結構指導受けてるから、そこを意識して取り組んでた。


ーー守備で気をつけていることは

簡単なゴロをミスをしないようにっていうのが課題であり、常に気をつけてること。


ーー夏やリーグ戦の空き週に社会人チームとの試合もこなしましたが、刺激になったりは

社会人でやっている選手は全てのレベルが高いなって感じた。技術が高いのは当たり前なんだけど、考えていることも一歩先を考えている。声かけ1つにしてもすごいなって思った。


ーー声かけという面では、小川選手もベンチから身を乗り出して声を出している姿も多かった印象があるのですが

出ない時に声とか試合中の準備とか今まで出なかった分そこをしっかりやっていこうっていうのはリーグ戦中に決めていた。そこはきちんと達成できたかなって。


ーー「出てないときは出たときのためにできることを全部やってた」と言っていましたが具体的には

周りのバランスっていうか木村(総2=霞ヶ浦)とかも調子良かったし、調子が上がらなかったから出られないことも多かった。だからその間ただ見てるのももったいないから、サポートの部分でやっていこうっていうのは思ってた。


ーーチームとしては3回戦までいくことがほとんどで勝ちきれない部分も

本当に軸になるのは村上(総3=智弁学園)しかいなかったから。2勝すれば良いことだし。僅差で敗れたりもあったり。チャンスで打てないっていうのはチームの課題だった。1本出せなかったのが一番の敗因だと思う。


ーー今季投打のMVPを挙げるとしたら

ピッチャーは村上。大黒柱として村上がいなかったら勝てなかった。野手は佐藤さん(法4=聖光学院)とか津田さん(総4=浦和学院)。最後はやっぱり4年生が打った。いなかったら勝てなかった試合も多いと思うし、やっぱり力があるって感じた。


ーー新戦力の投球を見ていてどう感じましたか

1年生も2年生もよく投げていたし、見ていても良かったと思う。村上だけじゃきついから周りの人もどんどん刺激されて伸びてくれれば。


ーー部屋子である羽田野投手(法1=汎愛)も登板しました

羽田野はめっちゃ良い。本当もう期待の星ですね。これからもっと登板数増えると思うし、そのまま伸びてほしい。


ーー期待している選手は

河北(営1=浦和学院)が先発を何回か投げる機会があったから、それは今後に向けても良かったかなって。結構抑えてたから来年もいけるんじゃないかな。野手は、廣岡(営1=拓大紅陵)。バッティング良いから、守備がもっと良くなれば最高だと思う。


ーー4年生が引退しましたが、どんなチームでしたか

佐藤さんだけが引っ張ってるっていうんじゃなくて、津田さんだったり山田さん(総4=桐生第一)だったり、小峰さん(営4=帝京)だったりみんなが引っ張っていた印象。吉澤さん(法4=桐生第一)が学生コーチだったけどある意味キャプテンみたいな感じで厳しかった。でも、ああいう人がいたからチームが成り立ってたんだなっていうのも実感したり。


ーー新チームになっての雰囲気はいかがですか

3年生が中心になって頑張っていこうっていう雰囲気が出てるから良い感じだと思う。みんなで全員で引っ張っていくっていう感じかな。今の3年の代は、口で引っ張るタイプの選手も多い。


ーー小川選手は内野守備リーダーに就任ということですが、どういうことをするんですか

内野練習のときに色々発言したり、プレーがあった時に声かけたりを中心になってやる感じ。今年からは気付いたことは積極的に言っていこうかなっていう風に思ってる。


ーー冬の間の強化ポイントは

 バッティングと守備もそうだし、全部。とにかく練習をやり込まないといけないと思うので。課題ばっかりだから。1日24時間の間にやる時間をしっかり決めて、やりたい。トレーナーの二上さんにアドバイスをもらったり、教わってやろうかなって。バランス良く全体を鍛えて、体重も増やしてっていう感じかな。 


ーー来季に向けて

来春に向けて結果出すためにやれることは全部やろうと思ってる。自分の力をしっかり発揮できるようにっていうのだけを考えて。ラスト1年だから、野球のために時間を割いてしっかりと取り組みたい。


◇プロフィール◇

小川翔平(おがわ・しょうへい)

生年月日/1998・7・13

身長・体重/180㌢・78㌔

チャームポイントの/えくぼ

好きな色/緑

最近見た映画/天気の子

最後の晩餐に食べたいもの/焼き肉か梨。タンにレモンを絞って食べたい。

好きだった教科/社会。歴史を知るのが好きだった。武士とか戦国時代とかは面白いなって思ってた。

嫌いだった教科/数学。特に図形問題が苦手。

もし野球をやっていなかったら/サッカー選手。小学校の頃はサッカーをやっていたし、今も得意だし好き。

漫才コンビを組むなら/有馬(法3=東洋大牛久)。俺がボケだわ。俺が抜けてるところがあるから、そこを有馬がツッコむって感じ(笑)


~連続インタビュー一覧~

第1日目:杉本泰彦監督〜「主役は選手たち」日本一の野球部に〜


第2日目:小峰聡志外野手「やり残したことはない」〜副将が振り返る大学野球〜


第3日目:7季連続無失策だった男。最高の守備職人が語る未来 津田翔希内野手


第4日目:木村翔大内野手〜「存在感がある選手に」高みを目指し戦う〜


第5日目:松本渉外野手〜「もっと結果が出せる」スーパールーキーが振り返る1年目〜


第6日目:次のステージへ。未来を見据え、積み上げた努力 山下雅善投手


第7日目:むらなく活躍できる選手になるために 小林直輝内野手


第8日目:強豪校の名にかけて。飛躍誓う飛躍スーパールーキー 河北将大投手


11月25日村上頌樹投手


11月26日納大地外野手


11月27日松澤海渡投手


11月28日諏訪賢吉内野手


11月29日山崎基輝新主将


11月30日佐藤都志也捕手